テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2009年03月20日


J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番ニ短調 5.シャコンヌ

バッハ:無伴奏VNソナタとパル
クレーメル(ギドン)
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント(1999-07-23)
おすすめ度の平均: 4.5
5バッハと対話をしたかのような気持ちになる名演
5すばらしい
5クレメールの全身の動き・息遣いまで聞こえてくる
3優等生
5二枚目以降にどうぞ

♪ヴァイオリンの聖書ともいうべきバッハ音楽の金字塔

6曲からなる無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータは、
教会の制約から放たれた自由なケーテン時代の作品です。

ヴァイオリン1台で時には4声もの和音、重音を奏で、
ひとりで主旋律と伴奏をこなしてしまうような難曲です。
一説では当時のヴァイオリンは今より張力が弱く、
駒のアーチがなだらかであったためこのような奏法も容易だった・・・
という話も取り上げられるほどです。

スポンサードリンク


この曲集の中でも特に難易度が高く、また長大なスケールと
深い音楽性で愛されているのがパルティータ 第2番のシャコンヌです。

この曲はブラームスやブゾーニによるピアノ編曲版も大変親しまれています。
またシューマンによる編曲はバッハの書いたヴァイオリン・パートをそのままに、
オリジナルのピアノ伴奏を加えたもので、
当時忘れられていたバッハの音楽に再び光をあてようと、
半ば啓蒙の目的で親しみやすく仕上げられています。

今回はこのシューマン編曲版でお届けします。




J.S.Bach:Chaconne d-moll BWV1004

http://classical-music.sakura.ne.jp/ID3v2-5/J.S.Bach-Chaconne.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:51 | 器楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする