テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2008年05月25日


J.S.バッハ:イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV.807 第1曲 プレリュード

バッハ:イギリス組曲第2番・第3番
ポゴレリチ(イーヴォ)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2010-04-21)

♪愛する新妻のために作曲された世俗音楽の名作

32歳でケーテンの宮廷楽師長に就任したバッハは、
その地で過ごした6年間に、数々の世俗音楽の傑作を残しました。

そしてこの間にひとり目の妻との死別の後、
妻となったアンナ・マグダレーナ・バッハのために、
2冊からなるクラヴィーア小曲集を書いています。
この曲集には「イギリス組曲」の他、よく対で比較される
「フランス組曲」そしてパルティータが含まれています。

「イギリス組曲」という題名はバッハ自身ではなく
後年になってつけられた通称ですが、
ヨハン・ニコラウス・フォルケルが著したバッハ初の伝記に
「(イギリス組曲は)あるイギリスの貴人のために作曲した」
と書かれていることに由来しているようです。

スポンサードリンク


「イギリス組曲」の特徴は各組曲とも、
長大で立派なプレリュード(前奏曲)を持っている点で、
特に第2番のプレリュードは印象的で人気も高い1曲です。





J.S.Bach:English Suite No.2 A-minor, BWV807 1.Prelude
J.S.バッハ:イギリス組曲 1.プレリュード.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:12 | 器楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする