スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2007年05月28日


J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067 より 第7曲 《バディネリ》

バッハ:管弦楽組曲第2番&第3番
リヒター(カール)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2006-11-08)
おすすめ度の平均: 5.0
5 名演

♪JAZZの香りさえ漂う時を越えた飽きのこない名曲

単独でもよく演奏され耳にすることも多いこの曲は
「管弦楽組曲第2番」で7曲目に終曲として登場します。
「バディネリ」は冗談や遊び、おどけなどを意味しますが、
とてもそれだけでは済まないのがバッハらしいところです。

スポンサードリンク


オリジナルの編成はヴァイオリン2部にヴィオラ、
チェロ(通奏低音)という弦楽をバックにフルートが
主旋律を奏でるというものですが、よほどに低音のチェロを
コントラバスのピチカートに換えてしまおうかと思いました。
それほどこの曲にはジャズのイメージが漂っています。
しかしそれではあまりに・・・ということで、
オリジナルのままでお届けします。

ちなみに「G線上のアリア」として有名な曲は
「管弦楽組曲第3番」に第2曲として入っています。





J.S.Bach:Orchestral Suite no.2 in b minor, BWV.1067
7. Badinerie
J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番 7.バディネリ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:29 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする