スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2008年02月20日


ドリゴ:愛のセレナーデ

愛の言葉 ベスト・セレクション
長谷川陽子
ビクターエンタテインメント(1998-07-23)

♪昭和初期の日本で軽音楽として流行

「ドリゴのセレナーデ」の名で知られる「愛のセレナーデ」の
作者として有名なリカルド・ドリゴは、19世紀から20世紀に
かけて活躍したイタリア出身の作曲家、指揮者です。

音楽家としては主に、ロシアのペテルブルグの劇場で
バレエ音楽の作曲や指揮などをしていましたが、
ロシア革命以降はあまり恵まれない環境となり、
故郷のイタリアへ帰ってそこで亡くなるまで過ごしています。

「愛のセレナーデ」はほとんど唯一といっていいドリゴの代表作で、
自作のバレエ音楽「百万長者の道化師」の中の1曲です。
日本には昭和16〜18年(1941-43)頃に紹介され、
ラジオから流れるその音楽に多くのファンが心躍らせたようです。

スポンサードリンク


当時の日本ではクラシックほど重くなく、
流行歌ほど軽くない軽音楽(今でいうイージーリスニング)が登場し、
とても人気を博していました。
この曲も原曲よりそうした軽音楽にアレンジした形で
聴かれるのが一般的だったようです。





Riccardo Drigo:Serenade
ドリゴ:愛のセレナーデ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 08:24 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする