テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2008年02月28日


テレマン:《無伴奏フルートのための12の幻想曲》から 第10番 嬰ヘ短調 TWV 40-11

テレマン:無伴奏フルートのための12の幻想曲
ランパル(ジャン=ピエール)
コロムビアミュージックエンタテインメント(2002-06-21)
おすすめ度の平均: 4.5
5飛び散る宝石のロココ空間
5至宝の12曲
5凄く気持ちがゆったり出来ます!超お薦め!
5面白い

♪J.S.バッハ以上の人気を誇ったバロックの多作家

テレマンは後期バロックから古典派時代にかけて活躍した、
ドイツはプロイセンのマクデブルグ出身の作曲家です。
生前は同時代のJ.S.バッハやヘンデルをも凌ぐ
人気と名声を得ていたと言われています。

どちらかというと大衆にも親しみやすい音楽を数多く書き、
そのジャンルはオペラ、室内楽、協奏曲、管弦楽曲、
受難曲、教会カンタータと多岐に渡り、
数にしておよそ4000にのぼるという多作家です。

スポンサードリンク


死後は長い間忘れ去られていましたが近年になって、
オリジナル古楽器による演奏などで再評価が高まっています。

「無伴奏フルートのための12の幻想曲」は
バロックの音楽様式が一通り揃ったようなバラエティ感に富み、
美しい旋律を持った洗練された名作です。





G.Ph.TELEMANN:12 Fantasias for Flute without Bass
Fantasia No. 10 in F sharp minor, TWV 40-11
テレマン:無伴奏フルートのための12の幻想曲.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:58 | 器楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする