スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2008年12月19日


チャイコフスキー:バレエ音楽《眠れる森の美女》 Op.66 第1幕「ワルツ」

チャイコフスキー / バレエ 「眠りの森の美女」作品66 :全曲
アンセルメ(エルネスト)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2001-01-25)
おすすめ度の平均: 4.0
4満足のいく聴き応え
4踊るテンポ
4バレエ「眠りの森の美女」作品66: 全曲

♪名作童話を基にした壮大なバレエ音楽

1959年公開のディズニー映画「眠れる森の美女」の主題歌
「いつか夢で(Once Upon a Dream)」に使用され、
クラシック・ファン以外からも広く親しまれる旋律の曲です。

ディズニーは「ファンタジア」という映画の中でも
チャイコフスキー、ムソルグスキー、デュカスといった、
クラシック音楽の名曲を多数用いていますが、
そこに歌詞をつけ主題歌にまでしてしまったのは
おそらくこの「眠れる森の美女」のワルツぐらいだと思います。

「白鳥の湖」から12後の1888年(48歳)。
チャイコフスキーは新作バレエの依頼と共に1冊の台本を受け取ります。
それはペローの有名な童話「眠れる森の美女」に基づくものでした。

スポンサードリンク


この台本に感銘を受け、着想を得たチャイコフスキーは
間もなく作品を書き上げ、完成したのは縮小なしで4時間にも及ぶ超大作でした。

これは彼の3大バレエの中でも特に舞台装置も大掛かりで、最も大規模なものです。
そのため“眠れる森の美女を立派に上演できることが、
一流バレエ団の証”とまで言われています。




P.I.Tchaikovsky:The Sleeping Beauty Op.66 act1 "Valse"

http://classical-sound.up.seesaa.net/Tchaikovsky-SleepingBeauty-Waltz.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:56 | バレエ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする