スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2007年01月08日


スメタナ:連作交響詩「我が祖国」より 第2曲“モルダウ”

スメタナ:わが祖国
スメタナ:わが祖国
posted with あまなつ on 2008.10.26
スメターチェク(ヴァーツラフ)
コロムビアミュージックエンタテインメント(2003-03-26)
おすすめ度の平均: 5.0
4小回りがきく演奏
5「本場物」とは思えないほどの名演♪
5「チェコのカラヤン」本領発揮!
5ほんま最高としか言いようのない演奏
5これより深い感動をもつ演奏があるのか

♪チェコが誇る国民的作曲家スメタナの名曲

「♪ボヘミアの河よモルダウよ」という歌を、
学校の音楽の授業で歌った方も多いのではないでしょうか?

“モルダウ”とはスメタナの故郷チェコを流れる
国の象徴のようなモルダウ河のことです。

この交響詩では山奥から湧き出た源流が次第に水かさを増し、
森を抜け村を抜け、やがては大河となって
プラハへと流れ込んでいく様が描写されています。
例えば出だしのフルート2管は雪解け水が源流として流れ始める様子、
そしてその背後のハープやピッチカートは
日の光を受けてきらめく水のしずくといった具合です。

その後クラリネットを始めとした各楽器の合流が、水かさを増す流れの様子を描き、
やがて河として姿を現すところで有名なモルダウの主題が始まります。

スメタナはこの連作交響詩により、
今も国民的作曲家としてチェコで愛され続けています。





B.Smetana:"The Moldau" Symphonic Poem,from“My Country”
スメタナ:我が祖国 -モルダウ-.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:04 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする