テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2009年06月17日


ショパン:子守歌 変二長調 Op.57

ショパン:ノクターン集&子守歌
仲道郁代
BMG JAPAN(2007-10-24)

♪幼子への愛情に満ちた子守歌

ショパンのピアノの弟子で音楽的な交流も深かった、
名オペラ歌手ポーリーヌ・ヴィアルドの
娘ルイーズへの愛情から生まれたとされる作品です。

ジョルジュ・サンドはポーリーヌの大ファンで、
彼女とショパンが暮らすノーアンにある館に
しばしばポーリーヌを招いていました。
それがきっかけとなり、ショパンの伴奏でポーリーヌが歌ったり、
ふたりで連弾することなどもありました。

1841年にポーリーヌは女児を出産しました。
演奏旅行に多忙だったポーリーヌはサンドとショパンに、
生まれて18ヶ月になるその娘ルイーズを預けていきました。
ショパンはルイーズをルイゼットと呼んで可愛がり、
またルイーズも大変ショパンになついていました。

この曲を当初ショパン自身は「変奏曲」としていましたが、
献呈された書籍商シャルル・ギャヴァールの妹エミールのアドバイスにより、
出版寸前のところで「子守歌」と名づけたようです。
エミールもまたショパンのピアノの弟子であり、
出版前にこの曲を何回か耳にしていたのです。

スポンサードリンク


左手が奏でる和音は終始ほとんど変化しませんが、
それに乗る右手が奏でる4小節の旋律は、
自由で煌びやかな変奏を14回に渡って繰り広げます。
また旋律が一度も終止することなく、常に先へと連なっていく手法は
「子守歌」だけに見られる大きな特徴です。




F.Chopin:Berceuse in D-flat Major, Op.57

http://classical-music.aki.gs/050-Chopin-Berceuse.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:28 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする