テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年03月20日


ショパン:ワルツ 第13番 変ニ長調 Op.70-3

ショパン:ワルツ集
ショパン:ワルツ集
posted with あまなつ on 2008.10.19
ピリス(マリア=ジョアオ)
ダブリューイーエー・ジャパン(1999-11-25)
おすすめ度の平均: 5.0
5驚くべき名演。「諸君、帽子を脱ぎたまえ」です。
5新鮮な演奏

♪初恋の人を想って紡がれたメロディー

1829年、当時19歳だったショパンはある女性に恋をします。
同じワルシャワ音楽院の生徒だった
コンスタンツィア・グワドコフスカです。

彼女は天使の声をもつと言われたソプラノ歌手。
そしてショパンとは身分の違う、
想ってもどうにもならない相手でした。

作曲時に友人にあてた手紙の中で、
ショパンはコンスタンツィアに対する想いを切々と綴っています。
また、彼女のことを想いながら
ワルツを書いたとも伝えています。
それがこの「13番 変ニ長調」です。

スポンサードリンク


「このことは君以外、誰も知らない・・」
と手紙にも書いているように、
ショパンは変ニ長調のワルツを
ごくプライベートなものとして秘めていたようです。
生前に出版されることはありませんでした。





F.Chopin:Walse No.13 D-flat major, Op.70-3
ショパン:ワルツ 第13番.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 22:24 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする