テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年05月27日


ショパン:ワルツ第6番 変ニ長調 Op.64-1 《子犬のワルツ》

ショパン:ワルツ集
ショパン:ワルツ集
posted with amazlet at 08.08.08
ピリス(マリア=ジョアン)
ダブリューイーエー・ジャパン (1999-11-25)
おすすめ度の平均: 5.0
5 驚くべき名演。「諸君、帽子を脱ぎたまえ」です。
5 新鮮な演奏

♪わずか1分間の愛らしく流れるようなワルツ

ショパンには9年間という月日を共に過ごした愛人がいました。
1836年にリストの紹介で知り合った、ショパンより6歳年上の女流作家ジョルジュ・サンドです。

ジョルジュ・サンドはペンネームで本名はオーロール・デュパンといいます。

彼女は数匹の犬を飼っていましたが、その犬が自分の尻尾を追って
くるくる回る様子を描いたのがこの「子犬のワルツ」だといわれています。

スポンサードリンク


またこの曲はわずか1分ちょっとで終わってしまうため、
英語では「1分間ワルツ」(Minute Waltz)の愛称でも親しまれています。

ショパン最晩年のパリ時代の作品です。


ショパン:ワルツ第6番 変ニ長調 Op.64-1 《子犬のワルツ》
F.Chopin:Valse Op.64, No.1

http://andotowa.sakura.ne.jp/Chopin-MimuteWaltz.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 00:19 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする