=テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック=
◆NHK連続テレビ小説『エール』/ チャイコフスキー:弦楽セレナーデ 第2楽章
◆4/1 フジテレビ 「志村けんさん 46年間 笑いをありがとう」 / F.サルトーリ:タイム・トゥ・セイ・グッバイ
◆4/1 フジテレビ 「志村けんさん 46年間 笑いをありがとう」 / サン=サーンス:白鳥
◆NHK連続テレビ小説『エール』/ オッフェンバック:天国と地獄
◆NHK連続テレビ小説『エール』 / エルガー:威風堂々 第1番
◆3/31 テレビ朝日 「芸能人格付けチェック 3時間SP」 / スッペ:軽騎兵 序曲
◆3/31 テレビ朝日 「芸能人格付けチェック 3時間SP」 / メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
◆テレビCM ソフトバンク 5G(ブルースウィリス) / チャイコフスキー:くるみ割り人形「葦笛の踊り」
◆テレビCM 翔んで埼玉 | Amazonプライム・ビデオ / ベートーヴェン:交響曲第9番 第2楽章
◆テレビCM ダンロップ タイヤ(福山雅治) / エルガー:威風堂々 第1番
◆テレビCM YANASE / ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー
◆テレビCM マルちゃん正麺 (役所広司・二階堂ふみ)/ プライヤー:口笛吹きと犬
◆テレビCM くらしの友 / ドビュッシー:月の光
◆Maroon 5 - Memories (カノンのコード進行と旋律を使用) / パッヘルベル:カノン ニ長調
◆テレビCM 不二家 ホットチョコ / ヨハン・シュトラウス二世:美しく青きドナウ
◆3/20 テレビ朝日 夜の巷を徘徊する(マツコ・デラックス) / メンデルスゾーン:結婚行進曲
◆テレビCM KYOCERA50周年アニバーサリー / エルガー:威風堂々 第1番
◆テレビCM リンナイ食器洗い乾燥機 / ネッケ:クシコスポスト
◆テレビCM ドミノピザ / パッヘルベル:カノン ニ長調
◆テレビCM ASAHI飲料 ワンダ(YOSHIKI) / モーツァルト:きらきら星変奏曲
◆3/14 NHK ブラタモリ(島原) / シューベルト:アヴェ・マリア
◆テレビCM ASAHI MINTIA / レオンカヴァッロ:歌劇《道化師》 第1幕「衣装をつけろ」
◆テレビCM GALAマンション / スコット・ジョプリン:ジ・エンターテイナー
◆テレビCM 明光義塾 / スコット・ジョプリン:ジ・エンターテイナー
◆テレビCM ソフトバンク Air(上戸彩) / プッチーニ:トゥーランドット
◆フィギュアスケート4大陸選手権 初優勝 羽生結弦選手 / ショパン:バラード第1番

2009年06月07日


ショパン:前奏曲 第7番 イ長調 Op.28-7

ショパン:24の前奏曲集
アルゲリッチ(マルタ)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2006-11-08)
おすすめ度の平均: 5.0
5プレリュードらしいプレリュードだと思います
5日本盤は幻想ポロネーズも入ってより完璧
5自由奔放に
5夜空に咲いた大輪の花のように美しく
5駆け抜けた!!

♪ありがとう、いい薬です・・・でおなじみ

この曲に関してはどうしても避けられない話題があります。
胃腸薬の太田胃散のCMです。
BGMとして長年、爽やかに流れているあのピアノ曲がそうです。

元々、演奏が1分以内で収まるような短い曲で、
CMでは流す部分をその都度変えていたりしますから、
おそらく日本人にとっては最も多く曲全体を知られている
クラシック曲ということになるかもしれません。

なぜこの曲なのか?という疑問に対しては
「イ長調と胃腸薬をかけているから」という説がありましたが、
実際はどうなのか、はっきりとはしませんでした。

スポンサードリンク


ところがつい最近の記事で、太田胃散の社員と思われる方が
この件について会長周辺に問い合わせたところ
本当らしい、というコメントをあるブログで見ました。
ですからまず間違いないでしょう。

ですがイ長調の曲なら他にもたくさんあるので、
この曲の爽やかさがあっていたとか、曲のコンパクトさが
CM向きだったなど、理由はまだあるとは思います。

前奏曲イ長調はショパンの作品としては易しい方で、
しかもマズルカ調の気品もあることから、
とにかくショパンを弾いてみたいという初心者の方にも好まれるようです。
有名な曲ですから場を和ませることにも一役買ってくれるでしょう。




F.Chopin:Prelude No.7 in A major, Op28-7

http://classical-music.aki.gs/047-Chopin-Prelude-No7.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:29 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする