テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年03月14日


ショパン:ノクターン 第15番 へ短調 Op.55-1

ショパン:ノクターン選集
ワイセンベルク(アレクシス)
EMIミュージック・ジャパン(2004-06-23)
おすすめ度の平均: 4.0
3輸入盤でリマスター有り
5何度聞いても飽きない音

♪静けさの中に光るショパンならではの旋律美

“ノクターン”はショパンの代名詞のようになっていますが、
元々はアイルランドの作曲家ジョン・フィールドが
生み出した形式で、ショパンの時代にも
ジョンはパリで次々と甘美なノクターンを作曲して、
もてはやされていました。

しかしワルツやポロネーズなどと同じく、
ショパンはすでにあった形式を独自の芸術として、
更に昇華させる才能に長けていました。
特に幻夢的な雰囲気もあるノクターンという形式は、
旋律の美しいショパンの作風にあっていたため、
イメージとしても重なるところが大きいのだと思います。

スポンサードリンク


第15番は密やかな中にもやはりショパンならではの
美しい旋律が印象的な曲です。
中間部では一転した激しさも顔をのぞかせます。

アニメ版「のだめカンタービレ」第8話では、
若かりし日の桃ヶ丘音大学長ミーナが、
回想シーンで流麗に演奏していましたね。





F.Chopin:Nocturn No.15 F-minor, Op.55-1
ショパン:ノクターン 第15番.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:26 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする