テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2006年12月17日


シューマン:ピアノソナタ 第2番 ト短調 Op.22 第1楽章

リヒテル・イン・イタリー~シューマン:蝶々、ピアノ・ソナタ第2番、他
リヒテル(スヴャトスラフ)
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)(2007-09-26)
おすすめ度の平均: 4.0
3圧巻のシューマン
5迫力です!

♪作品を印象付ける特徴的なシンコペーション

シューマンは生涯に3つのピアノソナタを手がけています。
第2番ト短調は1833年から1838年の約5年間にかけて作曲されました。

シューマンのピアノ曲というと「トロイメライ」で知られる「子供の情景」など、
形式にとらわれない自由な楽曲が多いですが、その点このト短調ソナタは
ソナタらしく均整のとれた、形式的にもまとまった作品です。
そして、シューマン特有のロマンティツクな楽想と世界観を持っています。

スポンサードリンク


第1楽章はシンコペーション(リズムの裏拍打ち)のフレーズが印象的で、
この曲にスピード感を与えるポイントになっています。
まず初めに耳に残る、強いフックであることは確かです。




シューマン:ピアノソナタ 第2番 ト短調 Op.22 第1楽章
Robert Schumann:Piano Sonata No.2 in G minor, Op.22 1. Prestissimo

http://classical-music.sakura.ne.jp/Schumann-PianoSonataNo.2-1.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 00:20 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする