テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2016年03月24日


シューマン:交響曲 第3番 変ホ長調 Op.97 「ライン」 第1楽章


シューマン:交響曲第3番&第4番
クーベリック(ラファエル)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2005-09-21)


♪ライン川の流れのように悠然とした響き

シューマンの四つあるシンフォニーのうち、最も明るく力強く、生命力に満ちています。

特にこの第1楽章には何度聴いても心が晴々とするようなスケール感があり、
音楽的にもベートーヴェンを聴くかのような充実感があります。

ラインという例えもさることながら、実は人生の流れを描いているかにも思えます。

スポンサードリンク


第1楽章の第1主題の動機は、のちに弟子のブラームスが、
自らの交響曲第3番の第1楽章で取り入れています。

「シューマンの交響曲といえば?」

と問われたなら、まず最初にあげるべき、ゆるぎない傑作です。




シューマン:交響曲 第3番 変ホ長調 Op.97 「ライン」 第1楽章
R.Schumann:Symphony No.3 in E flat major Op.97
'Rhenish' 1. Lebhaft


http://andotowa.sakura.ne.jp/Schumann-SymNo3-1.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:43 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする