テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2008年05月28日


シューベルト:弦楽四重奏曲第13番 イ短調 《ロザムンデ》 D804 第2楽章

シューベルト:弦楽四重奏曲第13番&第14番
アルバン・ベルク四重奏団
EMIミュージック・ジャパン (2003-07-24)
おすすめ度の平均: 4.5
5 シューベルトの名曲が名演で蘇ります
5 15番四重奏曲もオススメ
5 このCDは名演奏のすべての条件を備えている。
5 名曲をアルバン・ベルクが至高の演奏。

♪作曲者自身も愛した穏やかな主題

弦楽四重奏曲第13番「ロザムンデ」は、
同時期に作曲された第14番「死と乙女」と共に、
シューベルトの代表的な弦楽四重奏曲です。

存命中に出版された唯一の弦楽四重奏曲でもあります。

エキセントリックで劇的な「死と乙女」に対して、
穏やかで歌心に満ちた作風が特徴です。

「ロザムンデ」のタイトルは第2楽章の主題が、
自作の劇付随音楽「キプロスの王女ロザムンデ」の、
第3幕への間奏曲の引用であることに由来します。
この主題を愛したシューベルトは、即興曲Op.142-3でも使っています。

スポンサードリンク


尚、劇としての「ロザムンデ」は初演当初から不評であり、
現在ではまず上演されることがありませんが、
そこに付けられたシューベルトの音楽のみは、
間奏曲や序曲などが今日でも盛んに演奏されています。

*演奏は弦楽オーケストラ版です。





Schubert:Streichquartett No.13 "Rosamunde" D804 2nd movement
シューベルト:ロザムンデ.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:31 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする