テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年11月16日


シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821 第1楽章

シューベルト : アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821
ロストロポーヴィチ(ムスティスラフ)
ポリドール(1999-06-02)
おすすめ度の平均: 5.0
5陶然と聴き惚れる名演奏
5何度聴いても泣いてしまいます。

♪失われた楽器“アルペジオーネ”のための唯一の曲

シューベルトが活躍した19世紀初頭に現れ、人気を博した楽器、
アルペジオーネのために書かれた、現存する唯一の楽曲です。

アルペジオーネは簡単に説明すると、ギターの格好をしたチェロ
ともいえる楽器で、ギターと同じく6弦でフレットがあります。
そして、チェロと同じく弓で弦を弾きます。

フレットがある分、高音が出しやすいというメリットがありますが、
反面ビブラートはかけ辛く、音色はヴィオラ・ダ・ガンバあるいは、
ピアニカのようだとの話もあります。
楽器の奏法がノン・ビブラートからビブラート主流に
なっていくのに連れるかのように、
アルペジオーネは人々の脳裏から忘れ去られていきました。

スポンサードリンク


「アルペジオーネ・ソナタ」が出版されたのはシューベルトの死後のことで、
その頃には完全にアルぺジオーネが姿を消していたため、
代わりにチェロやヴィオラ、フルートなどで演奏されることが通例となっています。
しかし、元々6弦用に書かれ、かなりの高音域まで達するため、
それをチェロで表現するのは至難の技ともいわれています。





Schubert:Sonata for Arpeggione and Piano "Arpeggione"
A-minor, D.821 1st Allegro Moderato
シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 04:56 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする