TAG index
2018平昌オリンピック フィギュアスケート 羽生結弦 金メダル・宇野昌磨 銀メダル
......................................................................................
♬ 羽生結弦選手 2017-18 SP / ショパン:バラード第1番
♬ 宇野昌磨選手 2017-18 2017-18 FS / プッチーニ:トゥーランドット
♬ 宇野昌磨選手 2017-18 SP / ヴィヴァルディ:四季「冬」


スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2007年07月10日


ゴセック:ガヴォット

アンダルシアのロマンス
前橋汀子
ソニーレコード(2000-02-19)

♪スタッカート奏法が愛らしいヴァイオリンの小品

ハイドンから2年後の1734年にベルギーで生まれたゴセックは、
17歳でフランスに出てパリで活躍した古典派の作曲家です。
30曲に及ぶ数の交響曲を残しており
「フランス交響曲の父」として、その業績は高く評価されています。
またパリ音楽院創設にあたっても、
作曲科の教授として音楽家の育成に貢献しました。

指揮者でもあった彼は同時代のハイドンの交響曲も
積極的に取り上げていて、やがて自身の交響曲より
ハイドンの作品の方がパリでの人気が高まり、
作曲は次第にオペラ中心になっていきました。

スポンサードリンク


そうした時代の作品のひとつ、
歌劇「ロジーヌ」で登場するのが「ガヴォット」です。
ヴァイオリン用に編曲されたものが広まり、現在ではほとんど
「ガヴォット」1曲で、ゴセックの名は一般に知られています。
ヴァイオリンの初級教則本の定番であり、
その他至るところで耳にする機会の多い愛らしい小品です。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 07:54 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする