スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2008年02月05日


ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集《四季》から 「夏」 第3楽章 Op.8-2

ヴィヴァルディ:協奏曲集 四季  / 調和の幻想 第6・8・10番
ミケルッチ(ロベルト)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2005-06-22)
売り上げランキング: 3618
おすすめ度の平均: 5.0
5四季のベスト盤
5ヴィヴァルディへの入門としては現在のベスト

♪夏の嵐を描いた激しい音楽

夏の音楽というと何が思い浮かぶでしょうか?

ポップスならサザンやチューブ、洋楽ならビーチボーイズ、
もっと古ければパーシー・フェイスの「夏の日の恋」など、
どれも明るく開放的なものばかりですが、
ヴィヴァルディの場合は少し傾向が違います。

協奏曲集「四季」の第2番にあたる「夏」は、
3つの楽章どれもがどこかどんよりと重たく、
抜け切らない印象をもっています。
これはヨーロッパ特有の気候のせいかとも思いますが、
それにしても・・・という感じです。

スポンサードリンク


中でも第3楽章は夏というよりむしろ冬に近いのではないか
というぐらい峻厳な雰囲気が漂っています。
「四季」の全12楽章にあって、「冬」の第1楽章と並ぶ激しく厳しい音楽です。

この楽章につけられたソネットは次の通りです。

“わるい予感があたったかのように恐ろしい稲妻、
雷鳴がとどろき、霰さえ降り出す。
せっかく実った作物も叩きつけられてしまう”






A.Vivaldi:Violin Concerto "4 Seasons" Op.8-2
"Summer" 3rd movement



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:23 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする