テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2011年05月04日


モーツァルト:ピアノソナタ 第16番 ハ長調 K.545 第1楽章

モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集
新品最安価格:16%OFF ¥ 4,395 (5店出品)
レビュー平均: 4.5点 (12人がレビュー投稿)
4.0点 プログレッシブ
4.0点 初めて聴く人にはおすすめできません
4.0点 グールド流ソナタ
発売日:2006-07-19
メーカー:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

♪ピアノ初心者にとって必修の愛らしいソナタ

モーツァルト自身が「初心者のための小ソナタ」と名づけたK.545は、
3大交響曲である第39番と同じ、1788年6月26日に書き上げられました。

ピアノの巧くない弟子たちの、練習用という当初の目的もあったため、
その後もソナチネ・アルバムに収められ、長らくピアノ初心者たちが必ず通過する、
お馴染みのピアノ小品として愛奏され続けてきました。
ことに第1楽章冒頭の主題はモーツァルトの中でも屈指の有名旋律です。

作品全体としては、晩年の作とは思えないほどシンプルを極めたものですが、
一音たりとも足し引きできないほどの、まったく隙のない完成度は、
あたかも最初からできたものが、パッケージとして降りてきたかのようです。
こうした何気ない作品にこそ、モーツァルトの非凡さが垣間見れます。

スポンサードリンク


第1楽章は主題部分以外のほとんどは、スケールの上昇と下降が繰り返されます。
これがピアノの運指の練習に最適ということなのですが、
同時に音楽としても均整がとれ、造形的にも美しいところがモーツァルトならではです。
尚、このソナタを2台ピアノ用に編曲したグリーグの作品もあります。
これは1台をオリジナルのままに使い、もう1台で対旋律を重ねるというものです。
また、モーツァルト自身の編曲か、出版社による編集かはわかりませんが、
フィナーレのロンドは、ヘ長調のソナタKAnh135(547a)の第2楽章に転用されています。





モーツァルト:ピアノソナタ 第16番 ハ長調 K.545 第1楽章
W.A.Mozart:Piano Sonata No.16 in C major, K.545
1. Allegro



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:45 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする