スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2011年03月29日


ガーシュウィン:Someone to Watch Over Me 〜誰かが私を見つめてる

The Melody At Night, With You
定価:¥ 1,521
レビュー平均: 4.7点 (116人がレビュー投稿)
5.0点 なんとも形容しがたい演奏
5.0点 キース・ジャレットの最高傑作!
5.0点 ハッキリ名盤です。
発売日:1999-10-19
アーティスト:Keith Jarrett
フォーマット:from US Import

♪恋に恋する女心を歌ったブロードウェイ・ミュージカルの名曲

ジョージ・ガーシュウィンと兄のアイラの共作による「誰かが私を見つめてる」は、
ブロードウェイ・ミュージカル『オー・ケー』の挿入曲として1926年に大ヒットしました。
ガーシュウィンが世に送り出した歌の多くは、この兄弟コンビで作られています。

音楽の才能あふれる弟ジョージに対して兄のアイラは、
母親が買い与えたピアノにも興味を示さず、
どちらかといえば学生新聞を書いたり、読書などを好む文学青年だったようです。
しかし、後に作詞家としての才能を存分に発揮し、
ジョージの音楽活動において、なくてはならないパートナーとなったのでした。

スポンサードリンク


「誰かが私を見つめてる」は、“私を見守ってくれる誰か”を待つ女心を歌っています。

Someone to Watch Over Me

会いたいと願い続けている人がいる
その人はいつも私を見守ってくれる
そんな人だったらいいな

私は森の中で迷子になった子羊
でもその人が私を見守ってくれたなら
私はいつもいい子でいられる
words by Ira Gershwin

当初は速いテンポだったこの曲を、ジョージが何気なくゆっくりピアノで弾いた時、
「これは恋の物思いにふける、温かい曲でなければならない」と、
アイラとジョージは気づき、現在のようなバラードに書き換えられたそうです。

歌詞の本来の意味とは少し違いますが、邦題からくるイメージに準じて、

“自分はひとりきりだと思っていても、誰かが気にかけてくれている。
必要とされない人はいない、誰もひとりきりじゃない。 誰かがあなたの存在を支えとしている。”

そんな思いを込めてこの曲をお届けします。





ガーシュウィン:Someone to Watch Over Me 〜誰かが私を見つめてる
Geroge Gershwin:Someone to Watch Over Me



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 04:07 | 映画音楽・洋楽・J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする