テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2016年02月21日


ケテルビー:ペルシャの市場にて


ペルシャの市場にて~ケテルビー作品集
ロジャース(エリック) /ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック(2002-03-27)
おすすめ度の平均: 4.0
4ケテルビーの才能を再評価させてくれる
4思い出の曲
4一回聴けば虜になる
3「ペルシャの市場にて」だけで良いかな?
4エルガーに絶賛されたのも頷ける


♪吹奏楽でも人気の元祖ホームミュージック

アルバート・ケテルビーは英国バーミンガム出身の作曲家です。
少年時代からその才能を開花させ、11歳で公開演奏した
自作のピアノ・ソナタは大作曲家エルガーに称賛され、
13歳の時にはホルストを抑えて手にした奨学金で音楽学校に入学。
抜群の成績を収め16歳で由緒ある教会のオルガン奏者になります。

しかし契約満了とともに教会を去り、劇場の音楽監督に就任。
バレーやオペレッタといった商業音楽の世界で大活躍しました。

30歳を過ぎた頃、本格的な管弦楽作品や室内楽曲を書き始めるも
これが全然受けず、彼はレコード会社の重役、音楽出版社の編集長、
放送局の軽音楽編曲・指揮といった多忙な毎日の中に埋没していました。

スポンサードリンク


そんなある日、放送時間の穴埋めに書いた小曲「修道院の庭にて」が大当たり。
人気のヒット・メーカーとなった彼はその後「ペルシャの市場にて」に代表される、
異国情緒あふれる親しみやすい作品を次々発表しました。

充分稼いだケテルビーはピークを過ぎると、
イギリス海峡沖の小さな島、ワイト島に早々に引退し、
長い余生を大好きなビリヤードと読書、チェロ演奏でのんびりと過ごしたということです。



ケロオケ
ケテルビー:ペルシャの市場にて
Ketelbey:In a Persian Market


*楽曲の著作権が継続中のため音源はストリーミング再生のみです


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:40 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする