テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2011年01月01日


モーツァルト:歌劇《フィガロの結婚》から 「恋とはどんなものかしら」 K.492

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚
定価:¥ 2,854
新品最安価格:14%OFF ¥ 2,446 (5店出品)
中古最安価格:14%OFF ¥ 2,445 (2店出品)
レビュー平均: 4.8点 (5人がレビュー投稿)
発売日:1996-07-17
メーカー:EMIミュージック・ジャパン
アーティスト:ジュリーニ/フィルハーモニア管弦楽団

♪フランス革命にも影響を与えたとされる原作戯曲

「フィガロの結婚」はフランスの作家ピエール・ド・ボーマルシェの戯曲
「たわけた一日、あるいはフィガロの結婚」が原作の、モーツァルトの傑作オペラです。
この物語が大評判となっていたパリに滞在中、モーツァルトはそれを原語で読み、
自らが作曲して歌劇にすることを考えていました。

そこにイタリア人台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテが現れ、リブレットが完成しました。
ボーマルシェの原作は、腐敗した当時の貴族社会を痛烈に風刺した内容です。
そのためパリでは度々上演禁止となり、ウィーンでの初演後も
早々にマルティン・イ・ソレールの「椿事」に差し替えられてしまいました。

しかし、プラハの歌劇場では大ヒットしたため、招かれたモーツァルトはそこで
交響曲第38番「プラハ」を初演し、次作「ドン・ジョバンニ」の注文を受けました。

第2幕第3場冒頭で「恋とはどんなものかしら」を歌うケルビーノは、
伯爵の小姓頭で、次々と女性たちに手を出していく15歳の恋多き少年です。
ケルビーノはズボン役といって、女声が男装して少年役を演じます。
宝塚のようなこの設定はドイツオペラに伝統的に多く、他にベートーヴェンの
「フィデリオ」やリヒャルト・シュトラウスの「薔薇の騎士」などが知られています。

スポンサードリンク


戯曲としての「フィガロの結婚」は、1789年のフランス革命につながったとされ、
パリ祭のシーズンになるとこの芝居が特に多く上演されています。

ボーマルシェの戯曲は三部構成で、第1話がロッシーニの「セビリャの理髪師」となり、
モーツァルトの「フィガロの結婚」は、第2話をオペラ化した作品です。
作曲時期はモーツァルトの方が先ですが、両者は姉妹篇のような形になっています。





モーツァルト:歌劇《フィガロの結婚》から 「恋とはどんなものかしら」 K.492
W.A.Mozart:Voi che sapete from "The Marriage of Figaro" K.492



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 10:11 | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする