スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2007年04月27日


モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K.525 第1楽章

モーツァルト:セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
ベーム(カール)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2001-10-24)
おすすめ度の平均: 5.0
5アイネ・クライネ・ナハトムジークのベスト盤
5モーツアルトの基本です
5心が安らぎます
5模範となる演奏のひとつ
5アイネ・クライネならこれ

♪モーツァルト晩年の輝かしい傑作

名曲揃いのモーツァルト作品の中でも、特に広く知られた楽曲です。

最後の交響曲「ジュピター」の前年に作曲されたこの曲は、
「ジュピター」同様すべてを越えたような力強さと輝きに満ちています。
特に第1楽章はモーツァルトの代名詞的な音楽で、
ここからクラシックに入ったという方も多いのではないかと思います。

スポンサードリンク


「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」はドイツ語で「小さな夜の曲」という意味です。
また“セレナーデ”はドイツ語読みで、英、仏では
“セレナード”、イタリアでは“セレナータ”と呼びます。


モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K.525 第1楽章
W.A.Mozart:Serenade in G KV.525
Eine kleine Nachtmusik :1st movement, Allegro



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:35 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする