スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2006年10月18日


ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルーより (オリジナル・アレンジ)

ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
レヴァイン(ジェイムズ)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2003-10-22)
おすすめ度の平均: 4.5
4JAZZ風アレンジが欲しい
5シカゴ・サウンド全開の名演奏

♪クラシックとジャズが融合した記念碑的作品

売れっ子のジャズ系ポピュラー作曲家だったガーシュウィンが、
初めてクラシックの世界にも足を踏み入れた記念碑的作品です。

当初、彼自身のピアノとジャズバンドの演奏用に書かれたスコアに
「大峡谷」などで知られる作曲家グローフェが
オーケストラアレンジをほどこし大成功を収めました。
現在ではこのグローフェ編曲版が演奏会の定番となっています。

次々と現れる魅力的なメロディーがガーシュウィンの
ソングライターとしての才能を物語っています。

2006年のドラマ版「のだめカンタービレ」ではエンディングテーマになっていた他、
劇中でも印象的な場面で随所に使用されていました。

スポンサードリンク


余談ですが「スターウォーズのテーマ」などで知られる作曲家
ジョン・ウィリアムスも自分ではなく他の専属作曲家が
オーケストレーションをほどこしています。

オーケストラ版は編曲者グローフェの著作権が未だ継続中なため、
今回は2台のピアノにヴァイオリン、フルート、ホルン、コントラバス(Pizz)を加えた
オリジナルアレンジでお届けします。




ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー (オリジナル・アレンジ)
George Gershwin: Rhapsody in Blue

http://classical-sound.up.seesaa.net/Gershwin-Rhapsody-in-Blue.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:53 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする