テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2009年08月27日


ハチャトゥリアン:組曲《仮面舞踏会》から 第1曲 ワルツ

ハチャトゥリャン: 管弦楽作品集 ~剣の舞
ラザレフ(アレクサンドル)
ワーナーミュージック・ジャパン(2002-01-23)
おすすめ度の平均: 5.0
4剣の舞 仮面舞踏会
5本場ロシアの音色
5暮れになるとクラシックが聴きたくなる
5未知の世界もいいものです
5ハチャトリアン: 管弦楽作品集~剣 ノ 舞い

♪夜の舞踏会を妖しく劇的に描く

19世紀ロシアの文豪ミハイル=レールモントフの戯曲「仮面舞踏会」は
帝政ロシア末期の貴族社会を舞台にした悲劇です。
ハチャトゥリアンがこれに作曲した劇音楽は当初14曲からなり、
1941年に全曲を通して初演されました。

しかし、戯曲そのものの評価が低く、また一般化しなかったこともあり、
その後劇音楽として演奏されることはほとんどなくなりましたが、
1944年に作曲者自身が5曲を選び、二管編成の管弦楽のために
再編成した組曲版は、今も頻繁に取り上げられる人気作品です。

スポンサードリンク


「仮面舞踏会」を扱った他の作曲家たちによる音楽もいくつかありますが、
印象的な第1曲のワルツなどによって“仮面舞踏会といえばハチャトゥリアン”
とまで言われるほどの特異な作品になっています。

美輪明宏さんが舞台でワルツを何度か取り上げている他、
最近ではフィギュアスケートの浅田真央選手が使用していることで、一躍有名曲になりました。




ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:43 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする