テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2006年11月28日


ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 Op.68 第1楽章

ブラームス:交響曲第1番
ミュンシュ(シャルル)
TOSHIBA-EMI LIMITED(TO)(M)(2007-06-20)
おすすめ度の平均: 4.5
5あつい演奏の代表として
5豊かな低音の味はほかでは味わえない
3改めて聴き直すと
3フランス人の考えるドイツ的なものとは・・
5終楽章の音楽の祝祭に圧倒されました

♪ベートーヴェンの魂を引き継いだ交響曲史上の金字塔

“ベートーヴェンの第10交響曲”と呼ばれるほどの大傑作です。
その名の通りこの1曲で「運命」と「第9」を同時に聴いたような充実感と内容があります。

スポンサードリンク


「ベートーヴェンを越えなければ意味がない」と
作曲に21年もの歳月を費やしたブラームスの渾身の作品は、
第1楽章冒頭での、運命の鉄槌を打ち下ろすような序奏のティンパニー、
それに立ち向かう前向きな姿勢など、
ベートーヴェンが乗り移ったかのような鬼気迫るものを感じさせます。

正統的ドイツロマン派交響曲の真髄といえる名作です。




ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 Op.68 第1楽章
Brahms: Symphony No.1 in C minor, Op.68
1. Un poco sostenuto - Allegro - Meno allegro

http://classical-sound.up.seesaa.net/Brahms-Symphony-No1-1st.mp3


スポンサードリンク



[最新のクラシックベストセラーCD]

【関連する記事】

ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 00:00 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする