テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年12月22日


チャイコフスキー:バレエ組曲《くるみ割り人形》 Op.71a から 「花のワルツ」

チャイコフスキー:3大バレエ
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2006-11-08)
おすすめ度の平均: 4.0
4花のワルツのラスト
4弦の響きが美しい

♪クリスマスの夜の夢のような物語

あるクリスマスイヴのできごとです。
大きなツリーを囲んだホームパーティーの席で、
クララは大好きなドロッセルマイヤーおじさんから、
くるみ割り人形をプレゼントされました。

そしてその夜、12時になると
くるみ割り人形はひとりの美しい王子に変身。
クララを楽しいお菓子の国へと誘います。

スポンサードリンク


お菓子の国ではチョコレートやコーヒー、お茶といった
様々な妖精たちが踊ってクララを歓迎します。
組曲中でも最も人気の高い「花のワルツ」は、
デコレーションクリームの精たちが踊る場面で流れます。

舞台ではこのままお菓子の国の世界で終演する演出と、
すべてはクララの見た夢でしたとする演出があります。





Tchaikovsky:The Nutcracker Ballet suite op.71
8. Waltz of the Flowers



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 17:35 | バレエ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする