テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2007年11月27日


グルーバー:きよしこの夜

3大テノールのクリスマス~クリスマス・イン・ウィーン1999~
ドミンゴ/カレーラス/パヴァロッティ
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(2003-11-19)
おすすめ度の平均: 5.0
5世界三大テノールの魅力が集結

♪世界中で愛されるクリスマス・キャロル

1818年12月24日のクリスマス・イヴのことです。
オーストリアはオーベルンドルフの聖ニコラウス教会では、
毎年恒例のミサを前日に控えて、
催し物が中止になりかねない大変な事態を向かえていました。
クリスマスの賛美歌合唱で使うオルガンがねずみにかじられて
壊れてしまい、まったく音が鳴らなくなってしまったのです。

ミサはもう数時間後に迫っています。
このままではいけない・・・。
教会の牧師であるモーアはとっさに紙を手にすると、
キリストを称える一編の詩を書き上げました。
それを教会のオルガニストだったグルーバーに渡すと
「今ここにはギターしかない。この詩に旋律をつけて、
ギター1本でも歌える賛美歌を作ってくれないか。」。

スポンサードリンク


そうしてできたのが、その後世界中で
クリスマスに歌われることになる「きよしこの夜」です。

・・・しかしこの有名な話も、最近の研究によると若干作り話も入っているようで、
実際はこの数年前にモーアの詩は完成していたようです。
ですが、グルーバーがとても短い時間で作曲したことは事実で、
初演は教会の祭壇で、ギター伴奏による2人の2重唱で行われました。





Franz Xaver Gruber:Silent Night



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:50 | 国歌・賛美歌・民謡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする