=テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック=
◆NHK連続テレビ小説『エール』/ チャイコフスキー:弦楽セレナーデ 第2楽章
◆4/1 フジテレビ 「志村けんさん 46年間 笑いをありがとう」 / F.サルトーリ:タイム・トゥ・セイ・グッバイ
◆4/1 フジテレビ 「志村けんさん 46年間 笑いをありがとう」 / サン=サーンス:白鳥
◆NHK連続テレビ小説『エール』/ オッフェンバック:天国と地獄
◆NHK連続テレビ小説『エール』 / エルガー:威風堂々 第1番
◆3/31 テレビ朝日 「芸能人格付けチェック 3時間SP」 / スッペ:軽騎兵 序曲
◆3/31 テレビ朝日 「芸能人格付けチェック 3時間SP」 / メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
◆テレビCM ソフトバンク 5G(ブルースウィリス) / チャイコフスキー:くるみ割り人形「葦笛の踊り」
◆テレビCM 翔んで埼玉 | Amazonプライム・ビデオ / ベートーヴェン:交響曲第9番 第2楽章
◆テレビCM ダンロップ タイヤ(福山雅治) / エルガー:威風堂々 第1番
◆テレビCM YANASE / ガーシュウィン:ラプソディー・イン・ブルー
◆テレビCM マルちゃん正麺 (役所広司・二階堂ふみ)/ プライヤー:口笛吹きと犬
◆テレビCM くらしの友 / ドビュッシー:月の光
◆Maroon 5 - Memories (カノンのコード進行と旋律を使用) / パッヘルベル:カノン ニ長調
◆テレビCM 不二家 ホットチョコ / ヨハン・シュトラウス二世:美しく青きドナウ
◆3/20 テレビ朝日 夜の巷を徘徊する(マツコ・デラックス) / メンデルスゾーン:結婚行進曲
◆テレビCM KYOCERA50周年アニバーサリー / エルガー:威風堂々 第1番
◆テレビCM リンナイ食器洗い乾燥機 / ネッケ:クシコスポスト
◆テレビCM ドミノピザ / パッヘルベル:カノン ニ長調
◆テレビCM ASAHI飲料 ワンダ(YOSHIKI) / モーツァルト:きらきら星変奏曲
◆3/14 NHK ブラタモリ(島原) / シューベルト:アヴェ・マリア
◆テレビCM ASAHI MINTIA / レオンカヴァッロ:歌劇《道化師》 第1幕「衣装をつけろ」
◆テレビCM GALAマンション / スコット・ジョプリン:ジ・エンターテイナー
◆テレビCM 明光義塾 / スコット・ジョプリン:ジ・エンターテイナー
◆テレビCM ソフトバンク Air(上戸彩) / プッチーニ:トゥーランドット
◆フィギュアスケート4大陸選手権 初優勝 羽生結弦選手 / ショパン:バラード第1番

2010年12月19日


J.S.バッハ:メヌエット ト長調 BWV.Anh.114、ト短調 BWV.Anh.115

バッハのメヌエット/バロック・チェンバロ・リサイタル
定価:¥ 1,500
新品最安価格:¥ 8,980 (1店出品)
中古最安価格:¥ 2,980 (3店出品)
発売日:2007-06-13
メーカー:ユニバーサル ミュージック クラシック
アーティスト:レオンハルト(グスタフ)

♪当時流行の鍵盤楽器スピネットの練習用に作曲された

「バッハのメヌエット」として有名なこの曲は、彼の二番目の妻である、
アンナ・マグダレーナ・バッハに捧げられた音楽帳に収録された作品です。
この音楽帳は妻がスピネットの練習するために作られたといわれています。

スピネットは16〜18世紀の西欧を中心に流行した家庭用の小型鍵盤楽器で、
多角形のハープシコードを小型にしたような外観をもっています。

比較的軽量で安価なスピネットは貴族のほか、一般市民も所有していたといいます。
また、ハープシコードなど鍵盤奏者の自宅練習用楽器の役割も果たしていました。

スポンサードリンク


原本は2巻からなる「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳」には、
フランス組曲やパルティータのほか、息子やクープランの作品も入っています。
そして長調短調の2つのト調のメヌエット(BWV Anh.114, 115)は、
近年の研究によりクリスティアン・ペツォールトの作であると修正されています。

ト長調とト短調は2曲一組として続けて演奏されることも多く、
短調を挟んで長調を2回演奏するように作曲されたとの説もあります。

ト長調はサラ・ヴォーンのヒット曲「ラヴァ―ス・コンチェルト」としても知られ、
その他、テレビCMや電話の保留音など、至る所で耳にする機会の多い曲です。





J.S.バッハ:メヌエット ト長調 BWV.Anh.114、ト短調 BWV.Anh.115
J.S.Bach:Menuet in G major, BWV.Anh.114, in G minor, BWV.Anh.115



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 14:03 | 器楽曲・Piano | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする