スポンサードリンク






テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

2010年12月04日


ベッリーニ:歌劇《ノルマ》から 第一幕 アリア「清らかな女神よ」

ベッリーニ:歌劇「ノルマ」全曲(3枚組)
定価:¥ 1,852
新品最安価格:¥ 3,893 (2店出品)
レビュー平均: 5.0点 (1人がレビュー投稿)
発売日:2009-03-23
メーカー:Brilliant Classics
トゥリオ・セラフィン(指揮) ミラノ・スカラ座管弦楽団
ノルマ:マリア・カラス

♪19世紀前半のイタリア・ベルカント・オペラを代表するアリア

テレビ番組「タモリ倶楽部」には「空耳アワー」という名物コーナーがあります。
ここでは主にロックやポップスを扱っていますが、
クラシックのオペラ・アリアではおそらく唯一、年間優秀賞に選ばれた曲があります。

それが19世紀前半のイタリア・ベルカント・オペラを代表する作曲家、
ヴィンチェンツォ・ベッリーニの歌劇《ノルマ》のアリア「清らかな女神よ」です。
クラシックには縁もなさそうな場に、中心的話題として登場するという事実が、
このアリアの知名度や普遍性を物語っています。

ベッリーニはロッシーニやドニゼッティと人気を競うオペラ作曲家でした。
ショパン、ベルリオーズ、ワーグナーらも賞賛の言葉を惜しまず、
その流麗でドラマティックな音楽は当時の聴衆を魅了し、一世を風靡しました。

特にショパンがベッリーニから受けた影響は大きいと言われます。
とにかく美しい旋律を主体とした優雅でスケールの大きな音楽。
また旋律を彩る装飾音は、ショパンとベッリーニの十八番でした。

スポンサードリンク


歌劇《ノルマ》は財政難が続くミラノ・スカラ座の起死回生の策として制作されました。
ベッリーニの前作「夢遊病の女」を成功させたトリオが、再び起用されています。
作曲家ベッリーニ、台本家ロマーニ、主演(ソプラノ)ジュディッタ・パスタの3人です。

すでに名ソプラノとして知られたパスタのスカラ座デビュー作にもなりました。
当時パリ・オデオン座で公開された舞台劇「ノルマ」のオペラ化をロマーニが考案しました。

歌劇《ノルマ》は初日こそ失敗したものの、2日目からはミラノの聴衆も理解し始め、
やがて遠く離れたウィーンやロンドンまでも、その評判が広まっていきました。







ベッリーニ:歌劇《ノルマ》から 第一幕 アリア「清らかな女神よ」
Vincenzo Bellini:Casta Diva from "Norma"



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:30 | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする