TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:連作交響詩「わが祖国」から「モルダウ」 [第1,5話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話] ♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ マスカーニ:歌劇 《カヴァレリア・ルスティカーナ》 間奏曲 [第6,7話]
♬ リスト:コンソレーション [慰め] 第3番 変ニ長調 [第8話]
♬ エリック・サティ:ジュ・トゥ・ヴ 〜あなたが欲しい〜 [第8話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2015年07月26日


パーセル:アブデラザール組曲 Z.570 - 第2曲 ロンド


ベスト・オブ・ベスト バロック名曲[全84曲]
価格:
ドイツ・バッハ・ゾリステン
ビクターエンタテインメント(2007-05-22)
売り上げランキング: 426


♪イギリスが誇る大作曲家の名品

ヘンリー・パーセルはバロック時代のイングランドの作曲家です。

英国では数少ない大作曲家のひとりと言われ、その系譜の復活は、
後のエルガーやブリテンの出現まで待つことになります。

パーセルは当時のイタリアやフランスの音楽の影響を受けつつも、
エリザベス朝時代の多声音楽を融合し、英国バロック音楽を創出しました。

彼はオペラや劇音楽も多数手がけていて、そのひとつである
「アブデラザール、もしくはムーア人の復讐」の劇付随音楽を
まとめたのが、組曲《アブデラザール》です。

スポンサードリンク


この中の第2曲「ロンド」は特に有名で、ブリテン作曲の
「青少年のための管弦楽入門」の主題としても知られています。

また最近ではダイハツ新型ムーヴCM曲として話題になりました。

パーセルは36歳という短い生涯の間に400曲以上の作品を残しました。



パーセル:アブデラザール組曲 Z.570 - 第2曲 ロンド
Henry Purcell:Abdelazar Suite, Z. 570
2. Rondeau [1:46]


http://classical-sound.up/Purcell-Abdelazar-Suite-Rondeau.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:38 | 弦楽合奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日


モーツァルト:交響曲 第25番 ト短調 K.183 第1楽章 [2015]


モーツァルト:交響曲第25番
ワルター/コロンビア交響楽団
ソニー・ミュージックレコーズ (1996-03-21)
売り上げランキング: 17,309


♪悲哀が突き刺さるようなモーツァルトの青春の音楽

モーツァルトが残した41曲の交響曲のうち、
短調なのはこの第25番と第40番の2曲のみです。

そしてどちらも奇しくもト短調。

規模も大きい最晩年の第40番に対して、
17歳という若かりし頃に書かれた第25番は、
しばしば《小ト短調》の名で呼ばれます。

この曲は1773年のウィーン旅行から帰った後に書かれました。
第28番、29番、30番も同じ時期に作曲された作品です。

第25番は第40番と同じト短調とは言っても、
内容に大きな違いがあります。

スポンサードリンク


悲哀をどこか達観しながら、かみ締めるような40番に比べ、
25番はそれを真っ向から受けとめ、
疾風怒濤に駆け抜ける青春の音楽です。

悲しみがコーティングされることなく、
ストレートに胸に突き刺さってくるかのようです。

第25番はモーツァルト本人も気に入っていたらしく、
ウィーンに移住した晩年の予約演奏会でも
プログラムに取り上げていたようです。



モーツァルト:交響曲 第25番 ト短調 K.183 第1楽章 [2015]
Wolfgang Amadeus Mozart:Symphony No.25 in G minor, K.183
1. Allegro con brio [8:03]


http://classical-sound.up/Mozart-Symphony-No25-1st-2015.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 12:23 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする