TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:モルダウ [第1話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話]
♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ スメタナ:モルダウ [第5話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア羽生結弦選手 / ショパン:バラード 第1番
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア浅田真央選手 / ショパン:ノクターン 第2番
■1/23 テレ朝 「しくじり先生」 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 / ドヴォルザーク:新世界交響曲」 第2楽章
■CM AGF マキシム リリー・フランキー / ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
■CM 2017年ボートレース 渡辺直美・歌 / ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番 「悲愴」 第2楽章
■CM Amazon プライムビデオ 松本人志 / ビゼー:歌劇《カルメン》から 「闘牛士の歌」
■CM エースコック スーパーカップ 三浦知良 / ドヴォルザーク:新世界交響曲第 第4楽章
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 松井咲子 / チャイコフスキー:花のワルツ
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 山口めろん / チャイコフスキー:白鳥の湖
■CM 住友林業 加瀬亮 / プロコフィエフ:ピーターと狼
■CM 白鶴 大吟醸 / ショパン:ピアノ協奏曲 第2番第2楽章
■CM ソフトバンク 「シンゴジラ」 堺雅人 / 伊福部昭:映画「ゴジラ」メインタイトル
■テレビ朝日 「たけしのTVタックル」 / ビゼー:カルメン前奏曲
■Eテレ「旅するフランス語」 常盤貴子 / サティ:ジュ・トゥ・ヴ (あなたがほしい)
■Eテレ「2355」 トビハゼのトビー / ブラームス:ワルツ No.15
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2014年05月10日


ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 Op.90 第1楽章 [新録音2014]

ブラームス:交響曲第3番
価格:
フルトヴェングラー(ヴィルヘルム)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2004-08-25)
売り上げランキング: 9827

♪恩師シューマンとベートーヴェンの影響を受けながらも自分の世界を確立

ブラームスの交響曲は番号を増すごとに、本来の自分らしさが前面に出ている気がします。
壮麗で立派な第1番はすべての交響曲の中でも屈指の名作ですが、
ことブラームスらしさという観点から見れば、後期ロマン派の外形はともかくとして、
そこに流れる精神性は尊敬するベートーヴェンそのものです。
ですからこころなしか無理をしているというか、頑張ってる感が否めません。

続く第2番は明るく開放的で、ブラームスにしては珍しいぐらい、淀んだところが見当たりません。
風光明媚な自然あふれる避暑地で作曲されたため、そうした気分が表れているのでしょうが、
これもやはりブラームスらしさという点からすると、
少し物足らないかな?という感が無きにしもあらずです。

以前、ブラームスファンの二人の知人と会った際、私が第2番のCDをターンテーブルに乗せると、
第1楽章序盤でCDを停められてしまい、「やっぱりこれでしょう。」と、
第4番のCDに入れ替えられてしまったのを、昨日のことのように思い出します。

しかし、第3番あたりからじわりと本来のらしさが表れ始めます。
特に有名な第3楽章などは、文句なしのブラームス節と言えるでしょう。
「ブラームスの英雄交響曲」といった呼ばれ方をすることもありますが、
ほんとにたくましいのは第1楽章の第一主題ぐらいで、
あとは総じてブラームスらしさが全体に漂っていると思います。
消え入るように終わる最終楽章も、ベートーヴェンというより明らかにブラームスです。

スポンサードリンク


そして最後の第4番。
ここではベートーヴェンのことなど忘れて、120%のブラームス節を貫いています。
その良し悪しは別として、飾らない自分の思いの実直な表現に、心打たれるものがあります。
これがブラームスの結論なのです。

ところで第3番はベートーヴェンの英雄ばかりではなく、
師匠シューマンの交響曲第3番「ライン」も強く意識しています。
第1楽章冒頭の第一主題が、まったく同じ動機で始まるのです。
すなわち「タータンタータタン」という主題の符割りです。

シューマンのは明るく上昇志向なのに対してブラームスのそれは、
徹底的に下降する、重厚でいかにもドイツ的な趣きです。
しかし、それはブラームス本来の魅力ともマッチして、
全曲中の柱となる聴きどころにもなっています。

下世話な言い方かもしれませんが、とにかくかっこいいです。
第3番はブラームスらしい陰鬱さや渋さと、第4番にはない前向きさがあり、
演奏時間も長くないので、最も入りやすいブラームスの交響曲と言えるかもしれません。





ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 Op.90 第1楽章 [新録音2014] [10:47]
J.Brahms: Symphony No.3 in F major, Op.90
1. Allegro con brio



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 00:54 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする