TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:連作交響詩「わが祖国」から「モルダウ」 [第1,5話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話] ♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ マスカーニ:歌劇 《カヴァレリア・ルスティカーナ》 間奏曲 [第6,7話]
♬ リスト:コンソレーション [慰め] 第3番 変ニ長調 [第8話]
♬ エリック・サティ:ジュ・トゥ・ヴ 〜あなたが欲しい〜 [第8話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2014年03月30日


ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18 第1楽章 [2台ピアノ版]

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
クライバーン(ヴァン)
BMG JAPAN(2004-12-22)
おすすめ度の平均: 4.5
5シティコネクションの曲だよ。
4やはりうまい
5歴史的名盤
531年前に初めて買ってもらったLP
440数年ぶりのクライバーン

♪2台のピアノのうち1台はオーケストラパートを担当

ラフマニノフは作曲家であると同時に自身が凄腕のピアニストでした。
ですから協奏曲などでもオーケストラパートはまず、ピアノスケッチとして残していたようで、
それが今日でも合奏用に用いられています。

今回の演奏では思いきったテンポチェンジなどを取り入れてみましたが、
実際はかなり息の合った達人同士でもないと、こうした演奏は難しいとは思います。
ここでは自動演奏ならではのプレイをお楽しみください。

スポンサードリンク



ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18 第1楽章 [2台ピアノ版]
Sergey Vasilievich Rakhmaninov:Piano Concerto No.2 in C minor, Op.18
1. Allegro moderato (2Piano)

http://classical-music.sakura.ne.jp/Rachmaninov-PfConNo2-1-2Piano.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:39 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日


ショパン:ノクターン 第2番 変ホ長調 Op.9-2 [新録音2013]

ショパン:夜想曲集
新品最安価格:¥ 2,079 (8店出品)
5.0点 心に寄り添うノクターン
5.0点 うっとり
発売日:2006-11-08
メーカー:ユニバーサル ミュージック クラシック
アーティスト:バレンボイム(ダニエル)
フォーマット:Limited Edition

♪ヴァイオリンやチェロの独奏曲にも編曲される名旋律

優れた旋律作家であるショパンが書いた、最も美しい旋律のひとつにして、
すべてのクラシック音楽の中でも、片手に入るかもしれないほどの名旋律です。

音楽家として身を立てることを志し、ショパンがパリにやって来て間もない頃、
アイルランド出身の作曲家ジョン・フィールドが同じくパリを訪れ、
自身が創作したノクターンという甘美なピアノ曲でもてはやされていました。

元来、流れるような美しい旋律を作ることに長けていたショパンにとって、
その才能を存分に発揮できるノクターンは、まさに打ってつけの形式でした。
また当時、パリのサロンで貴婦人たちにピアノを弾いては聴かせていた彼には、
甘く親しみやすいノクターンはアピールするのに絶好の音楽でもありました。

そこでショパンは作品9の、3曲のノクターンを続け様に作曲します。
そのうちのひとつが、作品9の第2番として知られる、ノクターン変ホ長調です。

あまりに魅力的な旋律から、ヴァイオリンやチェロなど、
様々な器楽独奏曲に編曲され、親しまれています。

スポンサードリンク


初期の作品のためフィールドの影響がまだ色濃く、
後の充実したノクターンの作品群に比べると内容に乏しいとの声もあります。
たしかに主題となる旋律を繰り返すだけで、名作とされる他のショパンの
ノクターンの大作に比べると、劇的な展開もなく物足らないかもしれません。

しかし、もしこの曲がショパンの後期に作曲されたとしても、
おそらくほとんど変わらない構成、展開だったかもしれません。
それほどに旋律そのものの完成度が高く、余計なものを加える余地がないからです。

あたかも元からどこかに完成形として存在した旋律が、
ショパンという音楽家を通して地上に降りてきたかのようです。


ショパン:ノクターン 第2番 変ホ長調 Op.9-2 [4:35]
F.Chopin:Nocturn No.2 in E-flat major, Op.9-2

http://classical-sound.up.seesaa.net/Chopin-Nocturn-No2-2013.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 19:44 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする