TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:モルダウ [第1話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話]
♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ スメタナ:モルダウ [第5話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア羽生結弦選手 / ショパン:バラード 第1番
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア浅田真央選手 / ショパン:ノクターン 第2番
■1/23 テレ朝 「しくじり先生」 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 / ドヴォルザーク:新世界交響曲」 第2楽章
■CM AGF マキシム リリー・フランキー / ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
■CM 2017年ボートレース 渡辺直美・歌 / ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番 「悲愴」 第2楽章
■CM Amazon プライムビデオ 松本人志 / ビゼー:歌劇《カルメン》から 「闘牛士の歌」
■CM エースコック スーパーカップ 三浦知良 / ドヴォルザーク:新世界交響曲第 第4楽章
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 松井咲子 / チャイコフスキー:花のワルツ
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 山口めろん / チャイコフスキー:白鳥の湖
■CM 住友林業 加瀬亮 / プロコフィエフ:ピーターと狼
■CM 白鶴 大吟醸 / ショパン:ピアノ協奏曲 第2番第2楽章
■CM ソフトバンク 「シンゴジラ」 堺雅人 / 伊福部昭:映画「ゴジラ」メインタイトル
■テレビ朝日 「たけしのTVタックル」 / ビゼー:カルメン前奏曲
■Eテレ「旅するフランス語」 常盤貴子 / サティ:ジュ・トゥ・ヴ (あなたがほしい)
■Eテレ「2355」 トビハゼのトビー / ブラームス:ワルツ No.15
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2010年09月28日


リスト:詩的で宗教的な調べ S173/R14 10. 愛の賛歌


♪内在する宗教心が表れた美しいピアノ作品集

「詩的で宗教的な調べ」はフランス・ロマン派の詩人ラマルティーヌの、
同名の詩集からタイトルがとられた10曲からなる作品集です。
リストの代表作「前奏曲」もラマルティーヌの著作に触発されたもの。

この二人の出会いはリストがパリのサロンを賑わしていた頃です。
13歳で両親に連れられパリを訪れたリストは、
ヴィルトゥオーゾとして名を上げ様々な芸術家たちと交流を持ちました。
その中のひとりが詩人アルフォンス・ド・ラマルティーヌだったのです。

晩年のリストは聖職者の地位を得て宗教曲も手がけていますが、
実は若い頃から彼の中には宗教的志向性が内在しており、
作品にもそうした傾向が出ることが多々ありました。
「詩的で宗教的な調べ」は特にそれが色濃く出た作品集といえるかもしれません。

作品としてまとめられたのは彼が30代後半から40代前半にかけてですが、
すでに20代で構想が語られており、いくつかは作曲もされています。

「私にとって最も重要なことは“詩的で宗教的な調べ”です。
これは私のシリアスな作品です。」


スポンサードリンク


リスト自身の言葉からも、彼がこの作品に対して強い思い入れを持っていたのがうかがえます。

第3曲「孤独の中の神の祝福」は特にそれが結晶化した名作ですが、
今回は晩年のリストが好んで演奏会で弾いたという第10曲「愛の賛歌」をご紹介します。
1879年3月26日に行われたセゲドの水害支援コンサートにおいて、
リストはアンコール曲としてこの「愛の賛歌」を取り上げた他、
1886年の最後の英国訪問の際にも、4月6日にこの曲を弾いています。

技巧的な反面小規模で、割と親しみやすく愛らしい作品です。






F.Liszt:Harmonies poétiques et religieuses S.173
10. Cantique d'amour
リスト:愛の賛歌.mp3


ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:32 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日


ドビュッシー:《小組曲》から 第3曲 メヌエット [ビュッセル編曲]

ドビュッシー:3つのソナタ、小組曲、6つの古代碑銘他(再プレス)
パイヤール室内管弦楽団
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)(2008-01-31)
おすすめ度の平均: 5.0
5名人ぞろいのドビュッシー

♪ビュッセルの編曲により広まったピアノ作品

まだ20代だった若かりし頃のドビュッシーの作品です。
4手のピアノ連弾のための組曲として作曲されました。

初演は名門出版社デュラン社の御曹司、ジャック・デュランと、
作曲のドビュッシー自身の連弾によりあるサロンにて行われました。
しかし、この初演は成功とは言えず、作品も評価されませんでした。

それから数年後、ドビュッシーの友人で指揮者のアンリ・ビュッセルが、
ドビュッシーの監修のもと、この組曲を管弦楽用に編曲しました。
これがきっかけとなり、小組曲は広く人々に知られることとなったのです。

編曲が行われた頃のドビュッシーは「牧神の午後への前奏曲」、
「海」といった後に代表作とされる作品を手がけていました。
これらに通ずる技法が小組曲にも取り入れられています。

スポンサードリンク


第3曲メヌエットには1882年に作曲された歌曲「艶なる宴」の旋律が転用されています。
この歌曲は18歳のドビュッシーが当時恋したヴァニエ夫人に捧げたものです。
夫人はドビュッシーより14歳年上で、彼のパトロンでもありました。

小組曲はどれもシンプルで親しみやすいため、ドビュッシー入門には最適です。
管弦楽用のほか、ピアノ独奏用、また様々な楽器のための編曲があります。






ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:44 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日


ヴィヴァルディ:《調和の霊感》 協奏曲第2番 ト短調 RV578 第1-2楽章

ヴィヴァルディ:協奏曲集「調和の霊感」
イタリア合奏団
コロムビアミュージックエンタテインメント(2003-03-26)
おすすめ度の平均: 5.0
5フレーズの霊感
5宝物(゚-゚*)♪
5後期バロックの始まりを感じさせる逸品

♪慈善院付属の音楽学院の女子生徒たちのために作曲

数多くの協奏曲を書き“協奏曲の父”の異名を持つヴィヴァルディ。
生涯に残した650曲ほどの作品の内、450曲あまりが協奏曲です。

ヴィヴァルディは音楽家である前に僧籍を持つ司祭でした。
髪の毛が赤いことから当時“赤毛の司祭”と呼ばれていました。

そんな彼が赴任したピエタという名の慈善修道院には、
身寄りのない孤児を集めた付属の女子音楽学院がありました。
この学院の生徒たちには優秀な演奏者も多く、
ヴェネチアの音楽文化の中心となるほどでした。

自らも優れたヴァイオリン奏者だったヴィヴァルディは、
この子らに演奏や音楽を教えつつ、
学院のオーケストラのための作品を作曲しました。
ヴィヴァルディの膨大な作品のほとんどは、この音楽院のために書かれたといわれます。

身寄りのない音楽院の女子生徒たちがヴィヴァルディの曲を見事に弾きこなし、
その姿にヴェネチアの市民たちが拍手喝采を送る…。
まるで映画のワンシーンのような光景です。

スポンサードリンク


こうして書き上げた協奏曲から12曲を選んで出版されたのが「調和の霊感(幻想)」です。
有名な「四季」に勝るとも劣らない名作で、
出版当時のヨーロッパでも大反響を呼びました。
また、熱心なヴィヴァルディの追従者で作品の研究も怠らなかったJ.S.バッハは、
この協奏曲集からの3曲を、ハープシコードやオルガン用に編曲しています。

子供のための作品ということで親しみやすい旋律や弾きやすいフレーズが多いことも、
この協奏曲集が広く普及している理由かもしれません。






Antonio Vivaldi:L’Estro Armonico, Op. 3,
Concerto No. 2 in G minor for two violins, cello and strings, RV 578
1. Adagio e spiccato 2. Allegro
ヴィヴァルディ:調和の霊感 No.2 第1,2楽章.mp3


ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:59 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日


ベートーヴェン:ピアノソナタ 第15番 ニ長調 Op.28 「田園」 第1楽章

ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ全集
バックハウス(ウィルヘルム)
ポリドール(1999-06-02)
おすすめ度の平均: 4.5
5バックハウス讃
5言葉に表すのは難しい…
5永遠の指針となりうる名盤
5本全集でよいのでは?
5新全集には新全集の良さが……

♪牧歌的な雰囲気を醸し出す低音の持続音

若い頃のベートーヴェンはとても社交的な人間でした。
自慢のピアノ即興演奏を披露しては貴族のサロンを賑わし、
才気あふれる新進の音楽家として持て囃されていたのです。
その姿は時代の寵児ともいうべき花形スターそのものでした。

そんなベートーヴェンを耳の病が襲い始めたのは、
いよいよこれからという20代後半のことでした。
人との交流を楽しみ、あれだけ社交的だった男は徐々に人を避け、
自らの病を悟られまいと孤独を愛する者に変貌していきました。

自然を散策しては草木を愛で肌で風を感じ、
聴こえない耳で鳥たちの声を聴くことが日課となっていきました。
ベートーヴェンは自然の中にこそ、見えない神の存在を感じていたのです。

スポンサードリンク


ピアノソナタ第15番はそんな日々の暮らしから生まれました。
同時期に書いていた第14番「月光」の終楽章の激しさとは対照的に、
この第15番は穏やかでたおやかな、満ち足りた気分にあふれています。

ちょうど交響曲「運命」と「田園」がそうであったように、
彼はまったく性格の違う作品をあえて同時に書くことがありました。
そうして自分の中のバランスを保っていたのかもしれません。

ベートーヴェン自身はこのソナタに特に表題はつけませんでしたが、
作品の持つ牧歌的な雰囲気から後に出版社が「田園」と表記したため、
これが通称として一般的になり広まっていきました。
作曲されたのは交響曲「田園」より数年前の1801年のことです。

第1楽章は低音が刻む持続音が心地よい安心感を生み、
その上で自由に遊び戯れるかのように旋律と和音が奏でられていきます。






L.V.Beethoven:Piano Sonata No.15 in D major, Op.28 1. Allegro
ベートーヴェン:ピアノソナタ 第15番 田園 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:53 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日


モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 K.138(125c) 第1楽章

モーツァルト:ディヴェルティメント集
コープマン(トン)
ワーナーミュージック・ジャパン(2001-10-24)
おすすめ度の平均: 4.5
3納得できない録音
5美しすぎる旋律
4鮮明な響きと踊るようなテンポ。
5疲れた時には、《モーツァルト》。
3喜遊曲?

♪貴族の食事の席で演奏された快活な音楽

2回目のイタリア旅行から帰国後すぐに書かれた16歳の時の作品。
K.136、K.137、K.138の3つのディヴェルティメントは、
いずれもイタリアの開放感と明るさを感じさせる不朽の名作です。

通常のディヴェルティメントとは楽器編成や楽章数が違うため、
本来は交響曲にするつもりではなかったか?との見方もあります。
またザルツブルクで作曲されたこともあり、
通称“ザルツブルク・シンフォニー”とも呼ばれています。

ディヴェルティメントは「気晴らし」や「娯楽」を意味する
イタリア語のdivertireに由来します。
いわゆる貴族のための機会音楽で、主に食事のBGMとして演奏されました。

セレナード、カッサシオンなども貴族のイベントのための機会音楽です。
どれも肩肘張らずに純粋に楽しむことができる明朗快活な音楽ばかりです。

スポンサードリンク


ところでK.138 第1楽章の主題はあるJ-POPのスタンダードとよく似ています。
もちろんモーツァルトの方が200年以上も前の曲ですが、
それが現代でもほとんど変えずにそのまま通用するのには驚くばかりです。
普遍的な力を持つものには時代も場所も関係ないのですね。






W.A.Mozart:Divertimenti in F major, K.138 1. Allegro
モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:42 | 弦楽合奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日


J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV1048 第1楽章

バッハ/ブランデンブルグ協奏曲<全曲>
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス・バッハ管弦楽団
徳間ジャパンコミュニケーションズ(1997-05-21)
おすすめ度の平均: 5.0
5優しい響きのある演奏
5作品全体の姿を伝える演奏
5渋くて温かみのあるバッハ

♪弦楽器が九部からなる異色の弦楽合奏曲

一般的に協奏曲というとピアノやヴァイオリンなど固定の楽器と、
それに対して伴奏的な管弦楽のかけ合いというイメージですが、
ヴィヴァルディやバッハの時代にはソロをひとつに固定せず、
管楽器も含めて次々と独奏が替わる合奏協奏曲が全盛でした。

宮廷お抱えの専属楽団には腕利きの名手が多く、
そうした奏者たちが自慢の技術を見せる場でもあったのです。

ブランデンブルク協奏曲も原題を「種々の楽器のための協奏曲」といい、
各曲ごとにソロを担う楽器が違う合奏協奏曲の一種です。
独奏楽器群はフルートなどの管楽器とヴァイオリン、
合奏楽器群は弦楽合奏と通奏低音というのがオーソドックスなスタイルです。

スポンサードリンク


ただバッハは第5番で当時通奏低音に過ぎなかったチェンバロを前に出すなど、
その後のジャンルにも影響を与えるような革新的な試みもしています。

第3番は協奏曲的な趣きもなく、弦楽合奏と通奏低音のみのユニークな編成。
具体的にはヴァイオリン3、ヴィオラ3、チェロ3の弦楽器九部に、
通奏低音としてヴィオローネとチェンバロという異色の作品です。

弦楽器のみがこれだけ濃厚に絡み合う合奏曲も珍しく、
三部からなるヴァイオリンのかけ合いも楽しい弦楽合奏曲の傑作です。






J.S.Bach:Brandenburg Concerto No.3 in G major, BWV 1048
1. Allegro
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:30 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする