テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック

スポンサードリンク




2008年11月29日


グリーグ:ホルベルク組曲 Op.40 第4曲 アリア

グリーグ:ペール・ギュント組曲、ホルベルク組曲&抒情組曲
ノルウェー放送管弦楽団
ワーナーミュージック・ジャパン(2000-06-21)
おすすめ度の平均: 4.0
4ペールギュントよりホルベルク組曲がいい!

♪敬愛する同郷の作家の生誕200年を称えて・・・

ホルベルク組曲はグリーグと同じノルウェーのベルゲン出身の作家、
ルズヴィ・ホルベアの生誕200年祭のために作曲された作品です。

当初はピアノ曲として作曲され、グリーグによって初演されましたが、
その翌年に自身が弦楽合奏用に編曲を施し、
今ではそちらが一般化しています。

原題は組曲「ホルベアの時代から」といい、
その名の通りホルベアが生きた時代のバロック音楽を模範としています。

スポンサードリンク


また「古い様式による組曲」という副題が示すようにグリーグは、
ホルベアの時代のフランスのクラヴサン(チェンバロ)奏者達の
組曲をモデルにしたと語っています。

第4曲のアリアは組曲中でも特に厳かな雰囲気をもった秀曲です。
旋律の美しさが前に出たピアノ版に対して弦楽合奏版には、
より奥行きの深い荘厳な響きがあります。




E.Grieg:Holberg Suite Op.40 4.Air

http://classical-music.aki.gs/016-Grieg-Holberg-Suite-Air.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:09 | 弦楽合奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日


ヘンデル:調子の良い鍛冶屋

エリーゼのために‾アントルモン/ピアノ名曲集
アントルモン(フィリップ)
ソニーレコード(1996-10-21)
おすすめ度の平均: 4.5
5やっぱり良い
4小品集向き

♪軽快な鍛冶屋の音を思わせる人気曲

オルガンやハープシコードの名手だったヘンデルの作品中、
おそらく最も広く知られる器楽曲です。
正確には「ハープシコード組曲第5番ホ長調」HWV.430の
終曲である「エアと変奏」のことを指します。

この曲についてはこんな逸話があります。

ある雨の日に偶然飛び込んだ鍛冶屋の軒先で、
ヘンデルは鍛冶職人が叩く軽快なハンマーの音に
インスピレーションを受けます。
そしてまた職人の口ずさむ鼻歌が、変奏の主題になったというものです。

スポンサードリンク


とてもよくできた話ですが、残念ながらこれはヘンデルの死後、
英国の出版社が独自につけた「調子の良い鍛冶屋」という
愛称が基になった作り話ということがわかっています。

ですがたしかにこの曲が持つ規則的なリズム性は、
いかにも鍛冶屋の叩くハンマーの音という感じで、
愛称としては親しみやすくぴったりだといえるかもしれません。




G.F.Handel:The Harmonious Blacksmith

http://classical-music.aki.gs/161-Handel-Harmonious-Blacksmith.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:19 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日


シューマン:謝肉祭 Op.9 第1曲 前口上

シューマン:謝肉祭
シューマン:謝肉祭
posted with あまなつ on 2008.11.13
ミケランジェリ(アルトゥーロ・ベネデッティ)
EMIミュージック・ジャパン(2004-06-23)
おすすめ度の平均: 5.0
5テーマごとに何を表現すべきか明確な“謝肉祭”
5愛聴盤です
5一つの極北的頂点 啓示的シューマン

♪恋人の街の名を音符にして盛り込む

1834年、シューマンが24歳の頃のことです。
彼が師事するピアノ教師フリードリッヒ・ヴィークのもとへ、
ボヘミアから17歳のひとりの少女が生徒としてやって来ました。

彼女の名はエルネスティーネ・フォン・フリッケン。
聡明で清純なこの少女にシューマンはたちまち夢中になり、
やがてふたりは結婚を考えるまでの仲になります。
しかし、彼女の養父フォン・フリッケン男爵は、
身分の違いを理由にふたりの仲を引き裂きます。

それでもエルネスティーネへの思いを断ちがたいシューマンは、
その後も彼女の出身地であるボヘミアの街アッシュを二度も訪れるほどでした。

スポンサードリンク


シューマンを代表するピアノ曲集のひとつ「謝肉祭」には、
このアッシュ(ASCH)の綴りが音符として盛り込まれています。
すなわちA=イ、Es(S)=変ホ、C=ハ、H=ロという具合です。

第1曲の前口上は組曲の開始を告げる堂々たる前奏曲です。




R.Schumann:Carnaval "Preambule" Op.9-1

http://classical-music.aki.gs/036-Schumann-Carnaval-Preambule.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:08 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日


コレッリ:ヴァイオリンソナタ ニ短調 Op.5 第12番 「ラ・フォリア」

コレッリ:ヴァイオリンソナタ第7番~第12番
寺神戸亮
コロムビアミュージックエンタテインメント(2002-06-21)
おすすめ度の平均: 5.0
5バロック好き

♪ヴァイオリン音楽の礎を築いたイタリア・バロックの巨匠

アルカンジェロ・コレッリ(コレルリ)はイタリアの
中期バロック時代を代表する作曲家・ヴァイオリン奏者です。

13歳からボローニャでヴァイオリンを学び、
わずか17歳で同地のアカデミア・フィラルモニカに
正会員として迎えられました。
本来20歳以上でなければ認められない10代での特例を許されたのは、
コレッリと後のモーツァルトのみといいます。

ストラディヴァリやアマーテといった当時の名工たちの
楽器に見合うだけの技術を持った、イタリアにおける
最初のヴァイオリンの巨匠ともされています。

また、作曲家としては後の独創ソナタにも通じる
ソナタ形式の基礎を確立させ、後続のヴィヴァルディや
大バッハにも影響を与えた重要人物とされています。

スポンサードリンク


バロックの作曲家にしては作品数の少ないコレッリですが、
その理由は納得のいくもの以外はすべて弟子に破棄させたことによるようです。
しかし、その結果残された作品はどれも精度の高い
優れたものばかりになりました。

イベリア半島に伝わる舞曲に主題を得た「ラ・フォリア」は、
様々なヴァイオリン技術が凝縮された名作として、
コレッリの作品中でも特に広く愛されています。




Arcangelo Corelli:La Follia Op.5-12

http://classical-sound.up.seesaa.net/020-Corelli-La-Follia.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:51 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日


フィビヒ:《気分、印象と思い出》から 「詩曲」 Op.41-139

エストレリータ
エストレリータ
posted with あまなつ on 2008.11.04
前橋汀子
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(2001-11-21)

♪ヴァイオリン編曲された美しいピアノ曲

フィビヒはスメタナ、ドヴォルザーク、ヤナーチェク等と並ぶ、
チェコ国民楽派を代表する作曲家のひとりです。

作品は管弦楽、歌劇、ピアノ曲、室内楽、声楽と多岐に渡り、
哀愁感漂うチェコの旋律とドイツロマン派的な構成力を
巧みに融合させた作風が特徴です。

1893年頃から10年間に渡り、フィビヒは教え子の
アネシュカ・シュルゾヴァーと親密な関係にありました。
アネシュカはその美貌と共に、フランス文学の翻訳や
自作小説を発表する才女でもありました。

また彼女はフィビヒのオペラ台本も手がけるなど、
音楽制作にも大きな影響を与える存在でした。

そんなアネシュカとの恋愛模様をピアノ曲集にしたのが
「気分、印象と思い出 Op.41,44,47&57」です。
その中の「ジョフィーン島の夕べ」をヴァイオリンとピアノ用の
「詩曲」として編曲したのが、指揮者ラファエル・クーベリックの父で
ヴァイオリニストのヤン・クーベリックです。

スポンサードリンク


フィビヒはこの旋律を気に入っていたようで、
過去の作品「管弦楽の為の牧歌“黄昏”Op.39」の中間部でも既に用いていました。

「詩曲」はそんなフィビヒの最も知られた代表曲です。




Z.Fibich:Moods Impressions and Survenirs "Poeme" Op.41-139

http://classical-music.aki.gs/118-Fibich-Poeme.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 15:16 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする