TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:連作交響詩「わが祖国」から「モルダウ」 [第1,5話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話] ♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ マスカーニ:歌劇 《カヴァレリア・ルスティカーナ》 間奏曲 [第6,7話]
♬ リスト:コンソレーション [慰め] 第3番 変ニ長調 [第8話]
♬ エリック・サティ:ジュ・トゥ・ヴ 〜あなたが欲しい〜 [第8話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2008年09月27日


ショパン:前奏曲 第4番 ホ短調 Op.28-4

ショパン 24の前奏曲集
コルトー(アルフレッド)
EMIミュージック・ジャパン(2001-02-21)
おすすめ度の平均: 4.5
4音楽の本質とは
5ショパン前奏曲の金字塔
5コルトーもう一つの顔。
4素晴らしい解説書

♪刻まれる和音の進行が印象的なプレリュード

「別れの曲」「革命」「子犬のワルツ」・・・
有名なショパンの表題曲はいくつもありますが、
そのどれもがショパン自身の手によるものではありません。

ショパンは作品に題名をつけることで、
楽曲のイメージが固定されることを嫌いました。
ですから今知られるタイトルのどれもが、
後年他者によって愛称的につけられたものばかりです。

スポンサードリンク


24の前奏曲には19世紀の大指揮者ビューローと、
20世紀の名ピアニスト コルトーがそれぞれに、
各曲をイメージした見出し的な表題をつけています。
第15番「雨だれ」はビューローによるものです。

第4番ホ短調にはビューローが「死・窒息」、コルトーが「墓の傍で」と名づけました。

この曲はショパンの葬儀の際、オルガンによって演奏されたと伝えられています。




F.Chopin:Prelude No.4 in E minor, Op.28-4

http://classical-music.aki.gs/046-Chopin-Prelude-No4.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 13:58 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日


ヴィドール:オルガン交響曲第5番 ヘ短調 Op.42 No.1 第5楽章 「トッカータ」

ヴィドール:オルガン名曲集
ヴィドール
Naxos(2007-11-14)

♪オルガンで表現された壮大な交響楽

シャルル=マリー・ヴィドールはフランスのオルガン奏者・作曲家です。

父親から音楽の手ほどきを受けると、若くして才能を発揮。
若干25歳でサン・シュルピス教会の終身オルガニストに就任しました。
この職務は1870年から64年間に渡って続いています。

オルガニストとしてはパリでバッハの紹介に力を入れ、
教育者としてもフランクの亡き後、パリ音楽院のオルガン科、
及び作曲科の教授を務め上げました。

作曲科としては様々なジャンルの作品を書いたヴィドールですが、
今日取り上げられるのはほとんどがオルガン作品です。

スポンサードリンク


中でも10曲のオルガン交響曲が代表作で、
終楽章「トッカータ」がヨーロッパの結婚式で親しまれている交響曲第5番が、
最も有名なヴィドール作品といえるでしょう。




CHARLES-MARIE WIDOR:Organ Symphony No. 5 in F minor, Op. 42, No. 1
V. Toccata: Allegro

http://classical-music.aki.gs/004-Widor-Organ-Symphony.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 03:05 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日


グリーグ:《ペール・ギュント》 第2組曲 Op.55-4 「ソルヴェイグの歌」

ソルヴェイグの祈り
ソルヴェイグの祈り
posted with あまなつ on 2008.09.15
水谷川優子
ビクターエンタテインメント(2006-08-23)
おすすめ度の平均: 5.0
5本物を聞きたい人たちへ
5究極の祈り

♪主人公ペールギュントが辿りついたやすらぎの歌

グリーグが音楽を担当したイプセンの戯曲「ペールギュント」は、
主人公ペールが一攫千金を夢見て世界各国を渡り歩く、
様々なできごとが織り成す波乱万丈の物語です。

この戯曲の中にあってソルヴェイグは、
誠実な心でペールギュントを待ち続ける、
無条件の愛の象徴のような存在として描かれています。

ペールとソルヴェイグは村の結婚式で知り合うのですが、
その後ペールは彼女を置いて、地に足の着かない放浪の旅を続けます。
しかしペールの見た甘い夢もことごとく失敗に終わり、
最後にソルヴェイグの待つ故郷へと帰っていくのです。

スポンサードリンク


その時彼女はすでに盲目となっていました。
ペールが辿って来た道を知りながらも、すべてを赦し受け入れ、
彼を腕に抱きながらソルヴェイグは子守歌のような優しい歌を歌いかけるのです。

やっと安住の地を見つけたペールは、ソルヴェイグの腕の中で永遠の眠りにつくのでした。




E.Grieg:PeerGynt Suite No.2 "Solvajgs Song" Op.55-4

http://classical-music.aki.gs/014-Grieg-Solvajgs-Song.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:50 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日


チャイコフスキー:弦楽四重奏曲 第1番 ニ長調 Op.11 第2楽章

チャイコフスキー:弦楽四重奏曲全集
ボロディン四重奏団
ワーナーミュージック・ジャパン(2001-05-23)
おすすめ度の平均: 5.0
5解釈も現代にも通用!

♪文豪トルストイが涙した「アンダンテ・カンタービレ」

ドストエフスキーと並ぶ19世紀ロシアの大文豪トルストイは、
同じロシアの作曲家チャイコフスキーの音楽をこよなく愛し、
深い交流関係を持ちつつその作品からも、
執筆につながる強いインスピレーションを受けていました。

1876年12月にモスクワで催された特別音楽会でのことです。
招待されたトルストイはチャイコフスキーの隣りの席で、
彼の近作である「弦楽四重奏曲第1番」に耳を傾けていました。

第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」が始まるとトルストイは宙を仰ぎ、
次第に涙が頬をつたい最後には、座っていられないほどに泣き伏してしまいました。

スポンサードリンク


直後の手記でトルストイはこう記しています。

「第2楽章の神々しい調べが私の耳に響いてきたとたん、私は至福を感じ、身震いした。
・・・この調べが橋渡しとなって天上の神が私の心に入り、私は神のものとなった。」


この体験の後トルストイは、有名な「光あるうち光の中を歩め」を執筆しています。

またチャイコフスキー自身もこの時のことを振り返り、10年後の日記にこう書いています。

「あの時ほど喜びと感動をもって、作曲家として誇りを抱いたことは、
おそらく私の生涯に二度と無いであろう。」


「弦楽四重奏曲第1番」は事実上、ロシア初の弦楽四重奏曲であるといわれています。
ウクライナ民謡が引用された第2楽章は、音楽指示用語である
「アンダンテ・カンタービレ(歩く速さで歌うように)」が愛称のようになり、
チャイコフスキーを代表する美しい作品として広く知られています。




Tchaikovsky:String Quartet No.1 in D major, Op.11
2. Andante Cantabile

http://classical-sound.up.seesaa.net/Tchaikovsky-Andante-Cantabile.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:26 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日


ベートーヴェン:交響曲第1番 ハ長調 Op.21 第1楽章

ベートーヴェン:交響曲第1番&第7番
ジュリーニ(カルロ・マリア)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(2005-03-24)
おすすめ度の平均: 4.0
4ゆったりした気分で聴ける一枚

♪記念すべきベートーヴェン第1作目の交響曲

ベートーヴェンにとって初めての交響曲となるハ長調作品21は、
彼が29歳になった1800年に完成しました。

既にピアニストとして順調に歩んでいたベートーヴェンは、
作曲家としてもピアノソナタやピアノ協奏曲といった
ピアノ用の作品を中心に、他にも弦楽四重奏曲や
ヴァイオリンソナタなどの優れた作品を書いていました。

交響曲第1番と同じ時期の作品にはピアノソナタ「月光」や
ヴァイオリンソナタ「春」などがあります。

こうして身に着けてきた作曲技法をもって、
満を持して創作されたのが交響曲第1番だったのです。

モーツァルトが最後の交響曲第41番「ジュピター」で渡したバトンを、
ベートーヴェンがしっかりと受け取って走り出したような内容で、
明るく力強い魅力にあふれています。

スポンサードリンク


その後の「英雄」「運命」「田園」「第九」といった作品があまりに偉大なため
つい見過ごされがちですが、古典派の交響曲としての完成度は極めて高く、
モーツァルトやハイドンの影響が大きいとはいうものの、
それを乗り越えてなんとか個性を出していこうという
ベートーヴェンの意気込みが随所に見られる名作です。




L.V.Beethoven:Symphony No.1 in C major, Op.21
1. Adagio molto - Allegro con brio

http://classical-music.aki.gs/137-Beethoven-Symphony-No1-1st.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:17 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日


ベートーヴェン:歌劇《フィデリオ》序曲 Op.72

ベートーベン:歌劇「フィデリオ」
フルトヴェングラー
Naxos Historical(2005-12-01)

初演から10年後に完成した序曲の名作

モーツァルトに歌劇「魔笛」の作曲を依頼し自らも、バリトン歌手として
劇中のパパゲーノ役を務めた劇場支配人シカネーダーは、
ベートーヴェンにも新作オペラの作曲を依頼します。

それを受けたベートーヴェンは劇場の一室にこもり、
精力的に作曲に打ち込みました。

しかし、財政上の理由からシカネーダーは支配人を退任。
替わって新支配人となったブラウン男爵から渡された台本に、
ベートーヴェンは目を輝かせます。

スポンサードリンク


それがフランスの作家ブイイによる崇高な夫婦愛の物語「レオノーレ」でした。

「レオノーレ」は既に他の作曲家によって歌劇が作曲されていたので、
ベートーヴェンはこれを「フィデリオ」と改題し、
初演から10年に渡って何度も改訂を繰り返しました。
その結果「フィデリオ」は合計4つの序曲を生み出しました。
「レオノーレ序曲第1番〜3番」と「フィデリオ序曲」です。

現在では歌劇全体の冒頭に「フィデリオ序曲」を置き、
第二幕第二場の前に「レオノーレ序曲第3番」を演奏するのが通例になっています。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:34 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする