TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:連作交響詩「わが祖国」から「モルダウ」 [第1,5話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話] ♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ マスカーニ:歌劇 《カヴァレリア・ルスティカーナ》 間奏曲 [第6,7話]
♬ リスト:コンソレーション [慰め] 第3番 変ニ長調 [第8話]
♬ エリック・サティ:ジュ・トゥ・ヴ 〜あなたが欲しい〜 [第8話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2008年08月28日


バリオス:最後のトレモロ (過ぎ去りしトレモロ)

アルティメット・ギター・コレクション
ウィリアムス(ジョン)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(2005-06-22)
おすすめ度の平均: 5.0
5ポップギターとクラシカルギターの良いとこ取り
5クラシックギターにはまる予感

♪最期の時を刻むような哀愁漂うトレモロ

バリオスが死を目前に控えた最晩年に作曲されたため、
「最後のトレモロ」という通称で呼ばれていますが、
原題は「神様の慈悲に免じてお恵みを」といいます。

中米のエルサルバドルの国立音楽院で
ギター科の教授を務めていたバリオスは、
やがて死の原因にもなった心臓病を患います。

自らの死期を感じていたかもしれないこの時期に、
ひとりの物乞いの老女が彼の部屋のドアを叩き、
原題にもなった「神様の慈悲に免じてお恵みを」という言葉を残したといいます。

スポンサードリンク


バリオスはこの時の老女のセリフとドアをノックする音にインスパイアされ、
「最後のトレモロ」の作曲に至ったようです。

おそらく死期の迫った自らの心情も、大きく作品に影響を及ぼしているでしょう。

この曲は代表作「大聖堂」と同じく、
バリオス特有の宗教心が感じられる作品と言えます。





Agustin Barrios Mangore
Una Limosna por el amor de Dios -El Ultimo Tremolo-
バリオス:最後のトレモロ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:14 | 器楽曲・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日


フェルナンド・ソル:練習曲 ロ短調 作品35-22 「月光」

4世紀にわたるスペイン・ギター曲集
ディアス(アリリオ)
コロムビアミュージックエンタテインメント(2007-08-08)

♪美しい旋律が光る練習曲中の小品

フェルナンド・ソルはスペイン出身の作曲家、ギター奏者です。

近代ギターの父と言えば「アルハンブラの想い出」の
タレガ(タルレガ)が有名ですが、ソルはそれよりひと世代前に、
ギターの様々な奏法を確立させ、また練習曲も多く書いた、
スペインでは「ギターのベートーヴェン」とも呼ばれる存在です。

故郷のスペインを離れパリやウィーンなどのサロンで活躍したソルは、
当時のヨーロッパ社交界では、同じく名ギタリストの
ジュリアーニと人気を2分するほどでした。

スポンサードリンク


「月光」はソルが作曲した「24の練習曲」の中の22番目の曲で、
演奏にはそれほど高度な技術を要さないため、
初心者向けの練習曲としても大変愛好されています。
また、シンプルながら美しい旋律から、
プロの演奏会でもよく取り上げられています。





Fernando Sor:Etude Op.35-22 "Moonlight"
ソル:練習曲「月光」.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 04:04 | 器楽曲・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日


ドビュッシー:《映像 第1集》から 「水の反映(水に映る影)」

ドビュッシー:ピアノ作品全集-4
ベロフ(ミシェル)
コロムビアミュージックエンタテインメント (2004-12-22)
おすすめ度の平均: 5.0
5 復帰第四弾、2度目の作品全集

♪水面に映る森羅万象を繊細に描写

「映像」は全4集からなるピアノ曲および管弦楽曲集です。

第1集と第2集はピアノ曲で、第3集は「管弦楽のための映像」
という名で呼ばれることもあります。
そして第4集は、生前には発表されなかったピアノ曲集
「忘れられた映像」です。

「映像 第1集」についてドビュッシーは出版社に宛てた手紙で

「この曲集はよくまとまっていると思います。
ピアノ音楽の歴史においても、
シューマンの左あるいはショパンの右に置かれるでしょう。」


と自信のほどをのぞかせています。

「水の反映」は「映像」全曲中のトップを飾る曲です。

スポンサードリンク


リストの「エステ荘の噴水」に影響を受けた曲として、
しばしばラヴェルの「水の戯れ」と比較されますが、
ラヴェルが水そのものの動きを描写したのに対しドビュッシーは、
絶えず揺らめき変化する水面の様子を描いています。





Claude Debussy:Images No.1 "Reflets dans l'eau"
ドビュッシー:水の反映.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:42 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日


リスト:《巡礼の年 第3年》 S.163 第4曲 「エステ荘の噴水」

リスト:ピアノ作品集
リスト:ピアノ作品集
posted with amazlet at 08.08.15
ボレット(ホルヘ)
ポリドール (1998-06-17)
おすすめ度の平均: 5.0
5 最高!!
5 リストの美の最高峰!!!

♪印象派を先取りした晩年の名作

「巡礼の年」は全4集からなるリストのピアノ独奏曲集です。
超絶技巧のヴィルトーゾとして名声を博した20代から、
出家してカトリックの僧籍を得た60代に至るまでに、
断続的に作曲された計26曲で構成されています。

スイスとイタリアを訪れた際に、そこで触れた様々なものに触発され、
また感じた想いなどが各作品に込められています。
作曲家としてのリストが作風ににおいてどのような変遷を
経て来たのかを知る上でも、貴重な作品集になっています。

「巡礼の年」は第1年、第2年(補遺を伴う)、第3年からなりますが、
最後の曲集となる第3年の第4曲が、「巡礼の年」全体の中でも
特に有名な作品のひとつ「エステ荘の噴水」です。

僧籍を得てワイマールを去ったリストが滞在した、
ローマ近郊の町ティヴォリにあるエステ荘の様々な噴水を、
トレモロ奏法などを駆使して丹念に描き出しています。

スポンサードリンク


それから24年後、この曲に感動したラヴェルは「水の戯れ」を作曲し、
次いでドビュッシーも「水の反映」という、
それぞれリストの影響が感じられる作品を発表しています。

このことから「エステ荘の噴水」は印象派を先取りした、
音楽史上重要な作品のひとつともされています。





F.Liszt:Les jeux d'eaux a la Villa d'Este
リスト:エステ荘の噴水.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 00:02 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日


ショパン:幻想ポロネーズ 変イ長調 Op.61

ショパン・アルバム
ショパン・アルバム
posted with amazlet at 08.08.11
ホロヴィッツ(ウラディミール)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2004-11-17)
おすすめ度の平均: 5.0
5 高揚感
5 新鮮・衝撃的
5 素晴らしいの一語につきる一枚
5 すさまじいピアニスト。鬼の様な迫力。

♪イメージが乱舞する幻想世界

ショパン最後の大曲にして最高傑作との呼び声も高い名作です。

ポロネーズといってもそれを思わせるリズムは散見される程度で
自由な形式の中、調性も不安定なまま文字通り
“幻想”的な世界が展開していきます。

「幻想」はショパン自身による命名で、
ポロネーズというより幻想曲として作曲を進めていたようです。

この時期のショパンは30歳台半ばで持病の肺も思わしくなく、
またパートナーだったサンドとの関係も終焉へと向かっていました。

スポンサードリンク


そんな心情を反映してか曲は終始内向的で影があり、
ショパンらしい親しみやすさも華やかさも一切ない、
人に聴かすより自分のためというような渋い雰囲気が充満しています。

しかしその分、音楽としての深みはこの上なく、
ストイックなまでの表現と相まってショパンの才気を強く印象づけます。

この曲を聴いたリストは常軌を逸した内容に、
本気でショパンの精神を案じたということです。





F.Chopin:Polonaise-Fantaisie Op.61
ショパン:幻想ポロネーズ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:31 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日


ショパン:軍隊ポロネーズ イ長調 Op.40-1

ショパン:ポロネーズ全集
アシュケナージ(ウラジミール)
ポリドール (1995-10-01)
おすすめ度の平均: 5.0
5 真のポロネーズ☆
5 豪傑、快刀乱麻のポロネーズ

♪愛国心を感じさせる明瞭で親しみやすいポロネーズ

「英雄」「幻想」と並んでショパンの3大ポロネーズの
ひとつにも数えられる、とてもポピュラーな作品です。

ショパンのポロネーズは初期のいくつかを除けば、
勇壮で力強いものと悲愴感や激しい情緒を感じさせるものの
ふたつに傾向が分けられますが、
「軍隊」や「英雄」はまさに前者の代表のような作品です。

ショパンのベストCDなどでは必ずといっていい程取り上げられる「軍隊」ですが、
作品の内容としては比較的シンプルで、
いつものショパンらしい膨らみはあまり感じられません。
ですからこれと一対で発表された、
より重みのあるハ短調Op.40-2と合わせて聴くことが、
ショパン自身の考えに適っているのかもしれません。

スポンサードリンク


しかしリストは「軍隊」を好んでいたようで、
自分のコンサートでは頻繁に演奏していたようです。

「軍隊」の名はショパン自身によるものではなく、
曲の印象から後につけられた愛称です。





F.Chopin:Polonaise No.3 Op.40-1 "Millitary"
ショパン:軍隊ポロネーズ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:49 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日


メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64 第2楽章

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調
アバド(クラウディオ) ミルシテイン(ナタン)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2006-11-08)
おすすめ度の平均: 5.0
5 ヴァイオリンの貴公子
5 格調高く美しい
5 完璧なるミルシテインの技巧と音色!
5 バイオリンを弾いてみたくなります

♪美しい旋律の歌にあふれる第2楽章

1835年からの5年間、メンデルスゾーンはライプチヒの
ケヴァントハウス管弦楽団の指揮者として活躍し、
自作曲のほかバッハやモーツァルト、ベートーヴェンなどの、
埋もれた作品の演奏と紹介に力を入れていました。

このオーケストラのコンサート・マスターを努めていた
フェルディナント・ダヴィッドはメンデルスゾーンよりひとつ年下の、
ヨーロッパ中に名の知れたヴァイオリンの名手でした。

1838年にメンデルスゾーンは、ホ短調のヴァイオリン協奏曲を
書いてみたいとの意向をダヴィッドに伝えました。
しかしその後、ベルリンで芸術総合アカデミーの音楽部主任になるなど、
あまりの多忙から6年間、作曲に取りかかることはありませんでした。

ようやくと重い腰を上げたメンデルスゾーンは、
ダヴィッドに細かい部分まで助言を求めながら協奏曲作曲の筆を進めました。
ダヴィッドもヴァイオリニストとしての立場からの協力を惜しみませんでした。

スポンサードリンク


こうして完成したヴァイオリン協奏曲はダヴィッドの独奏で初演され、
その親しみやすい旋律と演奏者を引き立たせる技巧性により、
当時の音楽界に旋風を巻き起こす大成功を収めました。

この協奏曲の特徴は全3楽章が切れ目なく演奏される点で、
メンデルスゾーンはそのことを通して曲全体に統一感をもたらそうと考えたのです。

激しく情熱的な第1楽章から一転、第2楽章は夢見るような
穏やかな旋律が、心ゆくまで歌い上げられます。





Felix Mendelssohn:Violin Concerto in E minor, Op.64
2. Andante
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 第2楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 01:00 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする