TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:モルダウ [第1話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話]
♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ スメタナ:モルダウ [第5話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア羽生結弦選手 / ショパン:バラード 第1番
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア浅田真央選手 / ショパン:ノクターン 第2番
■1/23 テレ朝 「しくじり先生」 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 / ドヴォルザーク:新世界交響曲」 第2楽章
■CM AGF マキシム リリー・フランキー / ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
■CM 2017年ボートレース 渡辺直美・歌 / ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番 「悲愴」 第2楽章
■CM Amazon プライムビデオ 松本人志 / ビゼー:歌劇《カルメン》から 「闘牛士の歌」
■CM エースコック スーパーカップ 三浦知良 / ドヴォルザーク:新世界交響曲第 第4楽章
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 松井咲子 / チャイコフスキー:花のワルツ
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 山口めろん / チャイコフスキー:白鳥の湖
■CM 住友林業 加瀬亮 / プロコフィエフ:ピーターと狼
■CM 白鶴 大吟醸 / ショパン:ピアノ協奏曲 第2番第2楽章
■CM ソフトバンク 「シンゴジラ」 堺雅人 / 伊福部昭:映画「ゴジラ」メインタイトル
■テレビ朝日 「たけしのTVタックル」 / ビゼー:カルメン前奏曲
■Eテレ「旅するフランス語」 常盤貴子 / サティ:ジュ・トゥ・ヴ (あなたがほしい)
■Eテレ「2355」 トビハゼのトビー / ブラームス:ワルツ No.15
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2008年05月31日


モーツァルト:歌劇 《魔笛》 序曲 K.620

モーツァルト:歌劇「魔笛」全曲
クレンペラー フィルハーモニア合唱団
EMIミュージック・ジャパン (1996-07-17)
おすすめ度の平均: 4.5
4 ヤノヴィッツとルチア・ポップが実に魅力的でした
5 弾力のある演奏に夢見心地
5 歴史に残る名演
4 合唱が・・・

♪ドイツ語による最晩年の傑作オペラ

 「魔笛はモーツァルト最上のオペラ」・・・L.V.ベートーヴェン

 「真のドイツオペラはこの魔笛から始まる」・・・R.ワーグナー


モーツァルトが亡くなった1791年に書かれた最晩年のオペラです。
ジングシュピールという台詞と音楽が分離した歌芝居であり、
これは現代のミュージカルの原型とも言われています。

ヨーロッパを巡業する旅一座の座長だったシカネーダーは、
生活に貧窮していた知り合いであるモーツァルトに、
ドイツ語の台本による大作の依頼をします。
シカネーダーは劇場付属の建物の一部に部屋を設け、
そこでモーツァルトが作曲に専念できるように便宜を図りました。

こうして完成した「魔笛」は当初はまずまずの成功でしたが、
上演を重ねるごとに人気は高まり、
現在ではモーツァルトを代表するオペラとして広く愛されています。

スポンサードリンク


「魔笛」のポイントは第二幕になるとそれまでとは話が一変し、
宗教的な試練や修行が描かれていることです。
これはモーツァルトとシカネーダーが
自由な宗教的友愛組織であったフリーメイソンの会員であり、
その教義を台本の中に盛り込んだためであるとも言われています。

一見稚拙なおとぎ話のようなこのオペラに、
死の迫ったモーツァルトは自らが信じる霊的な真実を
封じ込めようとしたのかもしれません。

「魔笛」は親しみやすいアリアが多いのも魅力で、
序曲もまた単独でよく演奏される人気の一曲です。





W.A.Mozart:The Magic Flute Overture K.620
モーツァルト:歌劇《魔笛》序曲.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:50 | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日


シューベルト:弦楽四重奏曲第13番 イ短調 《ロザムンデ》 D804 第2楽章

シューベルト:弦楽四重奏曲第13番&第14番
アルバン・ベルク四重奏団
EMIミュージック・ジャパン (2003-07-24)
おすすめ度の平均: 4.5
5 シューベルトの名曲が名演で蘇ります
5 15番四重奏曲もオススメ
5 このCDは名演奏のすべての条件を備えている。
5 名曲をアルバン・ベルクが至高の演奏。

♪作曲者自身も愛した穏やかな主題

弦楽四重奏曲第13番「ロザムンデ」は、
同時期に作曲された第14番「死と乙女」と共に、
シューベルトの代表的な弦楽四重奏曲です。

存命中に出版された唯一の弦楽四重奏曲でもあります。

エキセントリックで劇的な「死と乙女」に対して、
穏やかで歌心に満ちた作風が特徴です。

「ロザムンデ」のタイトルは第2楽章の主題が、
自作の劇付随音楽「キプロスの王女ロザムンデ」の、
第3幕への間奏曲の引用であることに由来します。
この主題を愛したシューベルトは、即興曲Op.142-3でも使っています。

スポンサードリンク


尚、劇としての「ロザムンデ」は初演当初から不評であり、
現在ではまず上演されることがありませんが、
そこに付けられたシューベルトの音楽のみは、
間奏曲や序曲などが今日でも盛んに演奏されています。

*演奏は弦楽オーケストラ版です。





Schubert:Streichquartett No.13 "Rosamunde" D804 2nd movement
シューベルト:ロザムンデ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:31 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日


J.S.バッハ:イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV.807 第1曲 プレリュード

バッハ:イギリス組曲第2番・第3番
ポゴレリチ(イーヴォ)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2010-04-21)

♪愛する新妻のために作曲された世俗音楽の名作

32歳でケーテンの宮廷楽師長に就任したバッハは、
その地で過ごした6年間に、数々の世俗音楽の傑作を残しました。

そしてこの間にひとり目の妻との死別の後、
妻となったアンナ・マグダレーナ・バッハのために、
2冊からなるクラヴィーア小曲集を書いています。
この曲集には「イギリス組曲」の他、よく対で比較される
「フランス組曲」そしてパルティータが含まれています。

「イギリス組曲」という題名はバッハ自身ではなく
後年になってつけられた通称ですが、
ヨハン・ニコラウス・フォルケルが著したバッハ初の伝記に
「(イギリス組曲は)あるイギリスの貴人のために作曲した」
と書かれていることに由来しているようです。

スポンサードリンク


「イギリス組曲」の特徴は各組曲とも、
長大で立派なプレリュード(前奏曲)を持っている点で、
特に第2番のプレリュードは印象的で人気も高い1曲です。





J.S.Bach:English Suite No.2 A-minor, BWV807 1.Prelude
J.S.バッハ:イギリス組曲 1.プレリュード.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:12 | 器楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日


J.S.バッハ:イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971 第1楽章

バッハ:イタリア協奏曲
グールド(グレン)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2004-11-17)
おすすめ度の平均: 5.0
5 斬新
5 躍動感にあふれたバッハの世界
5 グールドがピアノで弾くわけ
5 なんと言っても「イギリス組曲」だ。
5 『ドロップアウト』以前

♪イタリアの協奏曲様式を1台の鍵盤で表現

バッハは同時代のイタリアのヴィヴァルディらによる協奏曲を、
オルガンやチェンバロ用に編曲するなどして熱心に研究していました。

そして本来、ソロ楽器と伴奏側の合奏のかけ合いである協奏曲を、
1台の鍵盤楽器で表現しようとしました。
そうした試みのひとつが「イタリア協奏曲」の通称で
親しまれている「イタリア趣味によるコンチェルト(原題)」です。

バッハはこの曲を上下2段に分かれた
大型のチェンバロで弾くことを想定していました。
2段ですからソロと合奏の違いをはっきり打ち出しやすいわけです。

スポンサードリンク


こうした意味では“協奏曲”というより実際は、
協奏曲的な形成原理をもったソロ器楽曲とした方が正しいでしょう。

バッハは現実に協奏曲を書くことよりも、
ソロと合奏のかけ合いという作曲語法を、
自らの作品にも活かすことに熱意を傾けていたのです。





J.S.Bach:Italian Concerto F major, BWV971
1. Allegro
J.S.バッハ:イタリア協奏曲 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 17:49 | 器楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日


ベートーヴェン:ピアノソナタ 第17番 ニ短調 Op.31-2 「テンペスト」 第3楽章

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番
リヒテル(スビャトスラフ)
EMIミュージック・ジャパン (2004-06-23)
おすすめ度の平均: 5.0
4 リヒテルの「テンペスト」
5 今でも頂点に君臨するテンペスト
5 深い精神性をたたえた、超名演
5 巨匠の技
5 すげ〜〜〜

♪苦悩と葛藤を刻む悲痛なピアノの音色

ピアノ・ソナタ第17番の内容について、弟子のシントラーに問われたベートーヴェンは
「シェイクスピアの“テンペスト”を読め。」と答えたといわれます。
このことから通称「テンペスト」の名で呼ばれるようになりました。

「テンペスト」はシェイクスピアがキャリアのすべてをつぎ込んだ、彼にとって最後の戯曲です。
「テンペスト=嵐」の意味が示すようにこのソナタは全体に
出口のないような悲痛な響きをもっています。

スポンサードリンク


作曲された1801〜1802年の頃には、耳の疾患はかなり進行しており、
ベートーヴェンは音がほとんど聴こえない状態でした。
その絶望から1802年10月には有名な「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いています。

「テンペスト」にはベートーヴェンのそうした悲愴感が滲み出ているかのようです。

第3楽章は特に人気が高く、単独で弾かれることも少なくありません。
弟子のツェルニーによれば、疾走する馬車にヒントを得たということです。





ベートーヴェン:ピアノソナタ 第17番 ニ短調 Op.31-2 「テンペスト」 第3楽章
L.V.Beethoven:Piano Sonata No.17 in D minor, Op.31-2
"Tempest" 3. Allegretto
ベートーヴェン:ピアノソナタ第17番 テンペスト 第3楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:18 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日


チャイコフスキー:組曲《くるみ割り人形》から 第4曲 トレパーク(ロシアの踊り) Op.71a

チャイコフスキー : 3大バレエ名曲集
ボリショイ交響楽団
ワーナーミュージック・ジャパン (2000-06-21)
おすすめ度の平均: 4.0
4 くるみ割りは言うことなし
4 躍動するバレー音楽

♪組曲中の数少ないフル・オーケストラ曲

「くるみ割り人形」は1893年に亡くなったチャイコフスキー最晩年の、
1891年から92年にかけて書かれた作品です。

この時期は長年の支援者であったフォン・メック夫人との
突然の別れもあり、精神的にとても不安定な状態にありました。
作者の激しい胸の内を吐露した交響曲第6番「悲愴」も
ほぼ同じ頃に作曲されています。

にもかかわらず「くるみ割り人形」には、
そうした背景を感じさせない夢のようなのどかさが漂っています。

スポンサードリンク


「厳しい現実世界においては芸術だけが救いです」
と語っていたチャイコフスキーは、
せめてこのメルヘンチックなバレエ音楽の中では、
すべてを忘れて童心に遊びたいと考えたのかもしれません。

トレパークとは2拍子の激しいロシア農民の踊りです。
バレエの中では男女3名のダンサーによるチョコレートの精が、
夢のお城で踊るシーンで流れます。





P.I.Tchaikovsky:The Nutcracker Suite 4. "Trepak"



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:29 | バレエ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日


フォーレ:ノクターン 第6番 変ニ長調 Op.63

フォーレ:ピアノ作品全集(1)
ユボー(ジャン)
ワーナーミュージック・ジャパン (2001-07-25)
おすすめ度の平均: 5.0
5 静謐な美しさ

♪フォーレならではの気品漂うノクターン

J.フィールドによって創始され、ショパンが確立させたノクターンを、
フォーレは更に発展させつつ継承しました。

フォーレのノクターンは全部で13曲あります。
作曲時期は生涯にわたっており、
ひとつのライフ・ワークであったともいえます。

ピアニストのマルグリット・ロンによって
「フォーレの最も美しいインスピレーション」と評された第6番は、
前作の第5番とは10年の隔たりがあり、
作風の変化と共に深化をも感じさせます。

スポンサードリンク


オリジナルはハープのために書かれた作品ですが、
ピアノ・ソロの作品として取り上げられることも少なくありません。

フォーレのノクターンにはショパンのそれとはまた違った趣きの、
静かな気品のようなものが感じられます。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 17:12 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする