TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:モルダウ [第1話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話]
♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ スメタナ:モルダウ [第5話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア羽生結弦選手 / ショパン:バラード 第1番
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア浅田真央選手 / ショパン:ノクターン 第2番
■1/23 テレ朝 「しくじり先生」 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 / ドヴォルザーク:新世界交響曲」 第2楽章
■CM AGF マキシム リリー・フランキー / ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
■CM 2017年ボートレース 渡辺直美・歌 / ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番 「悲愴」 第2楽章
■CM Amazon プライムビデオ 松本人志 / ビゼー:歌劇《カルメン》から 「闘牛士の歌」
■CM エースコック スーパーカップ 三浦知良 / ドヴォルザーク:新世界交響曲第 第4楽章
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 松井咲子 / チャイコフスキー:花のワルツ
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 山口めろん / チャイコフスキー:白鳥の湖
■CM 住友林業 加瀬亮 / プロコフィエフ:ピーターと狼
■CM 白鶴 大吟醸 / ショパン:ピアノ協奏曲 第2番第2楽章
■CM ソフトバンク 「シンゴジラ」 堺雅人 / 伊福部昭:映画「ゴジラ」メインタイトル
■テレビ朝日 「たけしのTVタックル」 / ビゼー:カルメン前奏曲
■Eテレ「旅するフランス語」 常盤貴子 / サティ:ジュ・トゥ・ヴ (あなたがほしい)
■Eテレ「2355」 トビハゼのトビー / ブラームス:ワルツ No.15
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2008年03月31日


リヒャルト・シュトラウス:交響詩 「死と変容」 Op.24

R・シュトラウス:管弦楽曲集
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
EMIミュージック・ジャパン(1999-03-25)
おすすめ度の平均: 5.0
5ドイツ最高の巨匠、最後の輝き
5稀代のドラマティックな演奏
5堪能!!!フルヴェン流オーケストラドライブ

♪闘争と浄化を描いた崇高な交響詩

リヒャルト・シュトラウスはバッハから連なるドイツ、オーストリア系
作曲家、王道の系譜を締めくくる最後の大作曲家です。

交響詩、オペラに数々の名作を残しましたが、
とかく外面的に響きがちな彼の管弦楽作品の中にあって、
病床の体験を元に書かれたこの「死と変容(浄化)」は、
ベートーヴェン、ワーグナー級の感動を味わえる崇高な作品です。

スポンサードリンク


近づく死の影、それとの闘争、過去への憧憬などを経て、
音楽はやがて地上の束縛を離れた「浄化のテーマ(19:14)」へと導かれていきます。

私はこの曲に人間の「エゴの死」と「真我(本当の自分)の覚醒」を感じます。
音楽から何を受け止めるかは聴く人の自由です。
みなさんもそれぞれのイメージを膨らませながら聴いてみてください。





R.Strauss:Tod und Verklarung Op.24
R.シュトラウス:死と変容.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 08:22 | 管弦楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日


ワーグナー:歌劇《ローエングリン》 第1幕への前奏曲

ワーグナー管弦楽曲集 I
クレンペラー(オットー)
EMIミュージック・ジャパン(2006-08-23)
おすすめ度の平均: 5.0
5ワーグナーの決定盤

♪混沌の俗世を越えた神々しい響き

こんなにも神聖で、高貴な響きを持った音楽があるでしょうか?
歌劇「ローエングリン」については「第3幕への前奏曲」
の回にもお話ししましたので、ここではこの曲が特に
感動的に用いられたチャップリンの映画「独裁者」
について触れてみたいと思います。

「独裁者」が公開された1940年はナチス全盛時。
その最中にヒトラーに反旗を翻し、チャップリンは
映画を通して命がけで平和のメッセージを伝えました。
物語のラストシーン。
失意に打ちひしがれるヒロインに対して、
チャップリン演じる床屋の亭主はラジオからこう語りかけます。

「ハンナ、聞こえるかい?ごらん、雲が晴れて光が差してくるよ。
人類は憎しみを乗り越えて、もっとやさしさに満ちた世界に入っていくんだ。
だから元気を出して、ハンナ。Look up,Hannah. Look up!・・・」

スポンサードリンク


その声に誘われるようにハンナは目に希望を湛えて空を見上げます。
背後から流れてくるローエングリン第1幕前奏曲。

ヒトラーは熱烈なワグネリアンであり、歌劇「ローエングリン」を特に好んでいました。
チャップリンはあえてこの曲をラストに用いることによって、
ローエングリン前奏曲はナチスのものではなく、
平和を愛する人類すべてにとっての神聖な音楽であることを示したのです。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 14:39 | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日


ジョン・フィールド:ノクターン 第4番 イ長調

フィールド:ノクターン集
オコーナー(ジョン)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2002-02-27)
おすすめ度の平均: 4.5
4これが元祖ノクターンか
5秋の夜長をフィールドのノクターンで

♪百花繚乱のロマン派ピアノ作品群の源泉

“フィールドを聴かないことは罪悪である”

全盛期にはそう絶賛されたジョン・フィールドは、
19世紀初頭に活躍したアイルランドは
ダブリン出身の作曲家、ピアニストです。

11歳の時、家族と共にロンドンに移住。
ピアニストでピアノ製作者でもあったクレメンティに師事し、
20歳の頃には共にヨーロッパ演奏旅行に出て、
ウィーン、パリなど各地で名声を得ています。

作曲家としては協奏曲やソナタなどのピアノ作品をいくつか残しましたが、
なんと言っても最大の功績は、それまでの形式にとらわれない
自由な単一楽章のピアノ作品である“ノクターン”という
新しいジャンルを確立させたことです。

パリでの演奏会に駆けつけたシューマンやリスト、ショパンの他、
メンデルスゾーンやグリーグなど、後の百花繚乱の
ロマン派ピアノ作品群の源流となったノクターンは、
特にショパンが多大な影響を受け、自身もノクターンと題した
ピアノ曲を数多く作曲したことはよく知られる通りです。

スポンサードリンク


リストはフィールドについて「それは無言歌や即興曲、バラードなど、
様々な表題の下に、主観的で深遠な感情の表現を意図して書かれた、
すべての作品の源である。」と評しています。

その後、クレメンティと共にロシアに渡ったフィールドは、
その地でグリンカと出会い、教師として指導にあたります。
そうした流れから生まれたのがグリンカの「ノクターン〜別れ」だったのです。





John Field:Nocturne No.4 in A major
ジョン・フィールド:ノクターン 第4番.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:06 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日


グリンカ:ノクターン [別れ] ヘ短調

ぴあのピア Vol.8 ヨーロッパの息吹~東欧・北欧/ロシア(DVD付)
グリンカ 他
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(2007-10-31)

♪ショパンを想わせる知る人ぞ知る名品

昨年1年間、NHK-BSで放送していた「ぴあのピア」の中で、
個人的に最も印象に残った曲です。
グリンカといえばどうしても、ルスランとリュドミラ序曲の
華やかな印象が付きまとうのですが、実はこんなに
ロマンチックでセンスのいいピアノ曲もあったのです。

初めて聴く方は多分ショパンを想起するでしょう。
私もそうでした。
しかし実際にはむしろ、時代的にもショパンの方がまねたとも言えるのです。

ショパンはノクターンの創始者であるアイルランドの作曲家
ジョン・フィールドに多大な影響を受けています。
事実初期には、ほとんどフィールドのまねに近いものがありました。
フィールドはロシアに行き、そこで音楽活動や
教師をしていた時期があります。
その時の弟子のひとりがグリンカだったのです。

スポンサードリンク


ショパンは直接フィールドに会ったことはありません。
でも、グリンカは直々にフィールドに師事しながら、
そこにロシア特有の感傷性を加えたノクターンを作りました。
それが「別れ」です。

フィールドのノクターンはどれも感傷性はなく、
さらっと聴きやすいので、むしろグリンカの方が
ショパンにも通じていく精神的情緒を感じさせます。

この作品はグリンカが円熟期だった1839年、35歳の時に作曲され、
妹のエリーザヴェタ・イワノヴナ・グリンカに捧げられました。

*時代考証の結果、上記事に不適当な箇所があり訂正させていただきます。
ショパンは1830年代初頭からノクターンを手がけており、
グリンカがノクターン「別れ」を作曲した39年には、すでに10曲以上を作曲していました。
従って、ショパンがグリンカを真似たという表現は不適切であることをお詫び、訂正させていただきます。





Glinka:Nocturne "La séparation" G.vi, 204
グリンカ:ノクターン - 別れ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:47 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日


ショパン:《舟歌》 嬰ヘ長調 Op.60

ショパン:プレリュード集
リヒテル(スヴャトスラフ)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2007-09-26)
おすすめ度の平均: 5.0
5引き込まれた

♪最高傑作ともいわれる最後の大作

ショパンの最高傑作との呼び声も高い名曲です。
ピアノ独奏の大曲としては「幻想ポロネーズ」と共に
最後の作品になります。

舟歌は通常8分の6拍子ですが、
船がゆったりと水面を進むイメージを表現するために、
ショパンはあえて8分の12拍子を指定したといいます。

「舟歌」を作曲した時ショパンは36歳でした。
ジョルジュ・サンドとの別れを翌年に控え、
体調も芳しくない方向に向かい、経済的にも逼迫しつつあった時期です。
そのためかこれ以降は作曲作品数が激減していきます。

スポンサードリンク


この曲の初演はショパン自身によってパリで行われましたが、
楽譜上はフォルテシモと表記されているコーダを、
消え入るようなピアニシモで弾いたということです。





F.Chopin:Barcarolle Op.60
ショパン:舟歌.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 01:08 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日


ドップラー:ハンガリー田園幻想曲 Op.26

ベスト・オブ・ベスト フルート名曲集[全70曲]
ガロワ(パトリック)
ビクターエンタテインメント(2007-03-21)
おすすめ度の平均: 4.5
5限りない穏かさを 回復したい方へ
4イージーリスニング派にも

♪日本人に愛される東洋的な旋律

フランツ・ドップラーはハンガリーのオーストリア領だった
ガリツィア・ルヴフ出身の作曲家、フルート奏者です。

18歳でブダペスト歌劇場の首席フルート奏者に就任した後は、
ウィーン宮廷歌劇場の首席フルート奏者、首席指揮者にも就任。
そしてウィーン音楽院のフルート科の教授をも務めました。

カヴァティーナで知られる作曲家のラフと共に
リストの弟子でもあった彼は、有名なハンガリー狂詩曲の
オーケストレーションも手がけています。

スポンサードリンク


生前はオペラやバレエの作曲家として成功していたドップラーは、
同時に卓越したフルート奏者であり、同じくフルート演奏家だった
弟のカールと共に超絶技巧を要する自作曲を携えて
演奏旅行を行い、ヨーロッパ中を席巻しました。

そんな彼の残したフルート曲の中でも
特に日本での人気が高いのがハンガリー田園幻想曲です。
全体に3つの部分から構成されますが、冒頭からの旋律はどこか東洋的な情緒を漂わせ、
それが日本人の琴線に触れるのだといわれています。





A.F.Doppler:Hungarian Pastoral Fantasy Op.26
ドップラー:ハンガリー田園幻想曲.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:06 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日


モーツァルト:フルート協奏曲 第2番 ニ長調 K.314 第1楽章


♪フルート奏者必須のレパートリー

意外なことなんですが、モーツァルトはフルートという楽器が
そんなに好きではなかったようです。
だからというのではありませんが、モーツァルトが作曲した
管楽器のための協奏曲はほとんどが、誰かに頼まれて仕事として
作ったもので、自ら進んで作曲したというものではないんですね。

今回のフルート協奏曲第2番も第1番とあわせて、
商人でフルート愛好家のフェルディナン・ド・ジャンという
人物の注文を受けて作曲されました。

スポンサードリンク


でも実はこの第2番は、期限に間に合いそうもないので、
前年に作ったオーボエ協奏曲ハ長調のKeyを、
1音上げて少し手を加えただけのものなのです。
これが依頼主のド・ジャンに知られてしまい、
結局報酬は半分以下しかもらえなかったそうです。

そのためこの第2番を録音しない指揮者も多いのですが、
フルート奏者にとっては欠くことのできないレパートリーのひとつですし、
大体、第1番と第2番はCDではカップリングで発売されていることが多いです。





W.A.Mozart:Flute Concerto No.2 in D major, K.314 1. Allegro aperto
モーツァルト:フルート協奏曲 第2番 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:01 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする