TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:モルダウ [第1話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話]
♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ スメタナ:モルダウ [第5話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア羽生結弦選手 / ショパン:バラード 第1番
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア浅田真央選手 / ショパン:ノクターン 第2番
■1/23 テレ朝 「しくじり先生」 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 / ドヴォルザーク:新世界交響曲」 第2楽章
■CM AGF マキシム リリー・フランキー / ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
■CM 2017年ボートレース 渡辺直美・歌 / ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番 「悲愴」 第2楽章
■CM Amazon プライムビデオ 松本人志 / ビゼー:歌劇《カルメン》から 「闘牛士の歌」
■CM エースコック スーパーカップ 三浦知良 / ドヴォルザーク:新世界交響曲第 第4楽章
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 松井咲子 / チャイコフスキー:花のワルツ
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 山口めろん / チャイコフスキー:白鳥の湖
■CM 住友林業 加瀬亮 / プロコフィエフ:ピーターと狼
■CM 白鶴 大吟醸 / ショパン:ピアノ協奏曲 第2番第2楽章
■CM ソフトバンク 「シンゴジラ」 堺雅人 / 伊福部昭:映画「ゴジラ」メインタイトル
■テレビ朝日 「たけしのTVタックル」 / ビゼー:カルメン前奏曲
■Eテレ「旅するフランス語」 常盤貴子 / サティ:ジュ・トゥ・ヴ (あなたがほしい)
■Eテレ「2355」 トビハゼのトビー / ブラームス:ワルツ No.15
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2008年01月31日


T.A.ヴィターリ:シャコンヌ ト短調

Ryu Goto
Ryu Goto
posted with あまなつ on 2008.10.12
五嶋龍
ユニバーサル ミュージック クラシック(2005-08-03)
おすすめ度の平均: 4.0
4話題先行かと思いましたが
4大物になる予感のする、17歳
3現時点では人気先行
5綺麗な音色です


♪J.S.バッハと並ぶ「シャコンヌ」の名作

トマソ・アントニオ・ヴィターリはイタリアのボローニャ出身の
ヴァイオリニスト・作曲家です。
父親のジョバンニ・バティスタ・ヴィターリも音楽家で、
共にモデナのエステ家に音楽家として仕えました。

現存する作品は、ヴァイオリンと通奏低音のための
ソロ・ソナタ、トリオ・ソナタなどが中心ですが、中でも有名なのが
ヴァイオリンと通奏低音のための「シャコンヌ」です。

19世紀のヴァイオリン奏者フェルディナント・ダーヴィトによって
ヴァイオリンとピアノのために編曲され、
それが現在演奏される定型になっています。

スポンサードリンク


とても魅力的な主題がヴィターリ当時のヴァイオリン技術の
最高レベルをもって変奏されていきます。
また、10分あまりの曲中には巧みな転調が幾度となく差し入れられていて、
決して飽きさせない展開になっています。

そのためこの作品はヴィターリのオリジナルにダーヴィトがかなり手を加えた、
あるいは完全にダーヴィトの真作ではないかとの説もあるほどです。

それはともかく「シャコンヌ」といえばバッハかヴィターリか
というぐらい愛されている名曲です。





Tommaso Vitali:Chaconne for Violin with figured Bass
ヴィターリ:シャコンヌ ト短調.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 17:43 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日


パラディス:シチリアーノ

愛の悲しみ
愛の悲しみ
posted with あまなつ on 2008.10.12
川畠成道
ビクターエンタテインメント(2001-12-21)
おすすめ度の平均: 4.5
5川畠氏のCDの中で一番のお気に入りである。
5素晴らしい、ガーシュウィン
5一度聴いたら虜
3愛の悲しみ

♪モーツァルトとも交友のあった盲目の女流ピアニスト

マリア・テレジア・フォン・パラディスは、モーツァルトとほぼ
同時代にウィーンに生まれ生きた、女流作曲家、ピアニストです。

わずか4歳で失明しますが、名付け親である
マリア・テレジア女帝の援助により高度な音楽教育を受け、
ピアニストとしてヨーロッパ演奏旅行をしたり、
作曲家としても数多くの作品を残しました。
晩年にはウィーンに音楽学校も建てています。

スポンサードリンク


パラディスと交流もあったモーツァルトは、
彼女の為にピアノ協奏曲第18番K.456を作曲し献呈しています。

フォーレやレスピーギでも知られるシチリアーノは、
シチリア半島を起源とする8分の6拍子の舞曲のことです。
パラディスのシチリアーノは室内楽曲として知られていますが、
本来はピアノ独奏曲のようです。





Maria Theresia von Paradis:Siciliana
パラディス:シチリアーノ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:27 | 吹奏楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日


ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 Op.104 第1楽章

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
デュ・プレ(ジャクリーヌ)
EMIミュージック・ジャパン(2008-01-23)

♪アメリカ時代に生まれたチェロ協奏曲の傑作

ニューヨークに新設されたナショナル音楽院の学院長として
招かれたドヴォルザークですが、元来純朴で田舎好きな彼は、
次第にアメリカでの生活にストレスを感じるようになり、
ついにはまだ契約途中であるにも関わらず、
音楽院を去り故郷のボヘミアへ帰ってしまいます。
チェロ協奏曲はその直前に書かれました。

アメリカ時代のドヴォルザークは他に交響曲「新世界より」、
弦楽四重奏曲「アメリカ」といった彼を代表する作品を残しています。
ハイドンやシューマン、サン=サーンスなども書いたチェロ協奏曲ですが、
内容を総合的に見てまず筆頭にあげられるのが、ドヴォルザークのチェロ協奏曲です。
この曲はチェロ協奏曲の枠を越えて、チャイコフスキーのピアノ協奏曲や
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲と並んで、
大きく「3大協奏曲」としてコンサートで取り上げられることもあります。

スポンサードリンク


師匠のブラームスは最晩年、この曲を聴くと
「チェロでこんな曲が作れると知っていたなら、
私もとっくに書いていただろうに」と悔やんだといいます。

第1楽章はチェロ独奏の登場まで4分近くあるほど、
伴奏のオーケストラが充実しています。
ホルンが奏でる牧歌的な第2主題の部分は、全曲中でも特に印象的なシーンです。





A.Dvorak:Cello Concerto in B minor, Op.104 1. Allegro
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 16:24 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日


ラロ:スペイン交響曲 ニ短調 Op.21 第1楽章

ラロ:スペイン交響曲
ヴェンゲーロフ(マキシム)
EMIミュージック・ジャパン(2003-11-12)
おすすめ度の平均: 4.0
4グリュミオーに匹敵。
4ロシア男がラテンに!?

♪スペイン情緒あふれる華やかなヴァイオリン曲

エドゥアール・ラロはフランスで生まれ活動した
作曲家、ヴァイオリン&ヴィオラ奏者です。

20代には作曲家として、歌曲や室内楽などを発表しますが
よい結果は得られず、しばらく作曲から遠ざかってしまいます。
30代には友人と結成した弦楽四重奏団で
ヴィオラを弾いていましたが、40代になってアルト歌手の
妻を得たことで発奮、再び作曲活動を始めます。

そして50代に入り、ヴァイオリンの名手サラサーテに捧げられ、
その手で初演された「ヴァイオリン協奏曲第1番」や
「スペイン交響曲」の成功により、ようやく作曲家として世に認められたのでした。

スポンサードリンク


「スペイン交響曲」は実質は「ヴァイオリン協奏曲第2番」で、
重厚なオーケストラ伴奏にのって、華やかなヴァイオリン独奏が繰り広げられます。
ラロは祖父の代までスペイン人だったので、
その血が色濃く出たような音楽内容になっています。

パリでこの曲を演奏するサラサーテを見たチャイコフスキーは、
自らもヴァイオリン協奏曲を作曲しようと決意したのでした。





Lalo:Violin Concerto No.2 in D minor, Op.21
"Spanish Symphony" 1. Allegro non troppo
ラロ:スペイン交響曲 ニ短調 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:53 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日


モーツァルト:ピアノソナタ 第18番 ニ長調 K.576 第3楽章

モーツァルト:ピアノソナタ第14番&18番、幻想曲
リヒテル(スヴャトスラフ)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2007-09-26)
おすすめ度の平均: 5.0
5深淵を覗かせる、一家に一枚必携の超名演です。

♪最後のピアノソナタを締めくくるアレグレット

大指揮者ブルーノ・ワルターは若い頃、モーツァルトの音楽が
軽く感じられて、どうしても好きになれなかったそうです。
しかしある時、天啓のようにモーツァルトの天才に気づき、
それ以降は交響曲第40番など、不朽の名演を残していきます。

モーツァルトの音楽には、他の作曲家たちが残した作品とは
何か別なものが流れ、別な聴き方があっているのかもしれません。
大自然に接して無心でそれに親しむような、そんなスタンスです。
植物や動物が聴いて喜ぶ音楽が、なぜモーツァルトなのか・・・
答えはそのあたりにあるのかもしれません。

スポンサードリンク


モーツァルトのピアノソナタは依頼ではなく
プライベート的に書かれたものが多く、
そのためかこれといった書簡等が残されていません。
ですがその分、彼の作風の自由な発露が見られ、
時代ごとの音楽的変遷がストレートに表れています。





W.A.Mozart:Piano Sonata No.18 in D major, K.576
3. Allegretto
モーツァルト:ピアノソナタ 第18番 第3楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 22:25 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日


チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35 第3楽章

チャイコフスキー:VN協奏曲
諏訪内晶子
ワーナーミュージック・ジャパン(2000-06-21)
おすすめ度の平均: 5.0
5世界最高の水準の高さ、納得させてくれる名演。
4本選の演奏と同じと思わない方がいいです
5待ちわびたチャイコフスキー
51ページ目

♪ロシアの農民舞踊を取り入れた快活な楽章

チャイコフスキーは初演によくつまづいた作曲家であることは
お伝えしていますが、この曲もその例にもれず、
初演の結果は散々で批評家のハンスクリックにも
特に第3楽章を指して「安物のウォッカの匂いがする」
とまで言われたのは有名な話です。

しかし、そうして初演に失敗した「悲愴」「白鳥の湖」
そしてこの「ヴァイオリン協奏曲」といった作品が、
後々チャイコフスキーを代表する名曲となっていった事実は、
チャイコフスキーのセンスが常に時代の一歩先を行っていたことを
物語るものかもしれません。

スポンサードリンク


第3楽章の第1主題はロシア農民の舞踊曲である
トレパークに題材を得た、明るくリズミカルな音楽です。
先輩であるメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の
同じく第3楽章、第1主題とリズムがよく似ているのも特徴で、
初めてヴァイオリン協奏曲を書くにあたって
先人の名曲を意識したのは間違いないと思います。

触発されたサラサーテの妙技の影響が、わかりやすく表れているのも第3楽章です。





Tchaikovsky:Violin Concerto in D Op.35, 3rd movement



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:00 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日


ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 Op.30 第3楽章

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番&第3番
ルガンスキー(ニコライ)
ワーナーミュージック・ジャパン(2003-04-23)
おすすめ度の平均: 5.0
5繊細なラフマニノフ。
5“次なる者”の説得力ある名演

♪堂々たる歩みと美しい旋律の第3楽章

瞑想的で落ち着いた第2楽章から一転、男性的で力強い
第3楽章へは曲間の切れ目なく突入していきます。

ラフマニノフは全部で4曲のピアノ協奏曲を作曲していますが、
一般に演奏されるのはほとんど2番と3番です。
そして曲そのものの人気としてはやはり、
第2番の方が圧倒的に高いのですが、純粋にピアノ協奏曲という
観点ではおそらく、音楽的内容やピアノ技術の点でも
第3番の方が上回っていると思います。

スポンサードリンク


第2番はとにかく美しく印象的な主題の多い
“ピアノ付きのオーケストラ曲”という感じですが、
第3番はラフマニノフが自らの演奏会用に作っただけあって、
あくまでピアノメインなのです。
ですから親しみやすい第2番が一般的で、
第3番はより奥の院という図式になってきます。

ですが、こと第3楽章に関しては先日の、
のだめカンタービレのドラマでも取り上げられた部分(11:43〜)など、
第2番に勝るとも劣らない魅力的な旋律も登場します。
ラフマニノフの多くの名旋律の中でも、特に際立って感動的です。





S.Rachmaninov:Piano Concerto No.3 in D minor, Op.30
3. Finale. Alla breve
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番 第3楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:59 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする