TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:モルダウ [第1話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話]
♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ スメタナ:モルダウ [第5話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア羽生結弦選手 / ショパン:バラード 第1番
■1/29 テレ朝 「関ジャム」 松下奈緒・フィギュア浅田真央選手 / ショパン:ノクターン 第2番
■1/23 テレ朝 「しくじり先生」 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 / ドヴォルザーク:新世界交響曲」 第2楽章
■CM AGF マキシム リリー・フランキー / ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
■CM 2017年ボートレース 渡辺直美・歌 / ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番 「悲愴」 第2楽章
■CM Amazon プライムビデオ 松本人志 / ビゼー:歌劇《カルメン》から 「闘牛士の歌」
■CM エースコック スーパーカップ 三浦知良 / ドヴォルザーク:新世界交響曲第 第4楽章
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 松井咲子 / チャイコフスキー:花のワルツ
■1/13 フジテレビ 「TEPPEN2017」 山口めろん / チャイコフスキー:白鳥の湖
■CM 住友林業 加瀬亮 / プロコフィエフ:ピーターと狼
■CM 白鶴 大吟醸 / ショパン:ピアノ協奏曲 第2番第2楽章
■CM ソフトバンク 「シンゴジラ」 堺雅人 / 伊福部昭:映画「ゴジラ」メインタイトル
■テレビ朝日 「たけしのTVタックル」 / ビゼー:カルメン前奏曲
■Eテレ「旅するフランス語」 常盤貴子 / サティ:ジュ・トゥ・ヴ (あなたがほしい)
■Eテレ「2355」 トビハゼのトビー / ブラームス:ワルツ No.15
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2007年12月28日


ハイドン:交響曲 第104番 ニ長調 「ロンドン」 第1楽章 Hob.I-104

ハイドン:交響曲第102番&第104番
クレンペラー(オットー)
EMIミュージック・ジャパン(2005-07-21)
おすすめ度の平均: 5.0
5交響曲の父を知る
5威厳たっぷりの演奏
5説得力のある演奏

♪交響曲の大家の最後を飾る名曲

ハイドンはとにかくたくさんの交響曲を作りました。
ベートーヴェンが9曲、ブラームスが4曲などであるのに対して、
ハイドンは全部で106曲に及ぶ交響曲を残しているのですから、
いかに桁違いかがわかるかと思います。

あまりに曲数が多いため、区別するために
曲の内容とは関係ない題名が、あだ名的につけられています。
その中には「火事」「校長先生」「めんどり」など、
冗談のようなものも少なくありません。

「ロンドン」もそうした、後年につけられた愛称のひとつで、
ロンドンで作曲されたということ以外に、特に深い意味はありません。
ただ、第1楽章序奏の重厚な響きは、
何となく「ロンドン」という感じがしないでもありません。

スポンサードリンク


交響曲第104番はハイドン最後の交響曲にして、
その内容の充実度から最高傑作との呼び声も高い名曲です。
明るく軽快な他のハイドンの交響曲に比べて、
どこかベートーヴェン的な奥行きさえ感じさせる作風が特徴です。





Haydn:Symphony No.104 in D "London" Hob.I-104
1. Adagio-Allegro
ハイドン:交響曲第104番 ロンドン 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:03 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日


ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 Op.30 第1楽章

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番&第3番
ジルベルシュテイン(リーリャ)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2008-01-23)
おすすめ度の平均: 4.5
5生き物みたいな音質
4一陣の薫風が駆け抜けていったかのような演奏
4丁寧な弾き込み
5特に第3番が良かった
5ピアノとオーケストラのバランスが良

♪ラフマニノフ自身のピアノ技術を示した難曲

96年公開の映画「シャイン」の中で、
主人公のオーストラリアのピアニスト、デーヴィッド
・ヘルフゴットが「世界で最も難しい作品」と呼んだ曲です。

非常に高度なテクニックを要求されるため、
ピアニストにとっては畏敬の念を抱かずにはいられず、
現在一般に演奏されるピアノ協奏曲の中でも
おそらく最難曲であるといわれています。

スポンサードリンク


初演はラフマニノフ自身のピアノ演奏で、ニューヨークで行われました。
練習時間を作れなかったラフマニノフは、
ニューヨークへ向かう船中に音の出ない鍵盤を持ち込み、
それで間に合わせたといいます。

初演から数週間後、今度はマーラー指揮の
ニューヨーク・フィルハーモニーによって再演されましたが、
スラヴ系音楽に慣れず、リハーサルでざわつき出した楽団員に対して
マーラーは「静かにしたまえ。この作品は傑作である。」と言って
それを諌めたという話も伝えられています。





S.Rachmaninov:Piano Concerto No.3 in D minor, Op.30
1. Allegro ma non tanto
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番 第1楽章.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 09:50 | 協奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日


チャイコフスキー:バレエ組曲《くるみ割り人形》 Op.71a から 「花のワルツ」

チャイコフスキー:3大バレエ
カラヤン(ヘルベルト・フォン)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2006-11-08)
おすすめ度の平均: 4.0
4花のワルツのラスト
4弦の響きが美しい

♪クリスマスの夜の夢のような物語

あるクリスマスイヴのできごとです。
大きなツリーを囲んだホームパーティーの席で、
クララは大好きなドロッセルマイヤーおじさんから、
くるみ割り人形をプレゼントされました。

そしてその夜、12時になると
くるみ割り人形はひとりの美しい王子に変身。
クララを楽しいお菓子の国へと誘います。

スポンサードリンク


お菓子の国ではチョコレートやコーヒー、お茶といった
様々な妖精たちが踊ってクララを歓迎します。
組曲中でも最も人気の高い「花のワルツ」は、
デコレーションクリームの精たちが踊る場面で流れます。

舞台ではこのままお菓子の国の世界で終演する演出と、
すべてはクララの見た夢でしたとする演出があります。





Tchaikovsky:The Nutcracker Ballet suite op.71
8. Waltz of the Flowers



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 17:35 | バレエ音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日


ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス ニ長調 Op.123 1.キリエ

ベートーヴェン:荘厳ミサ曲
クレンペラー ニュー・フィルハーモニア合唱団
ゼーダーシュトレーム ヘフゲン クメント タルヴェラ
EMIミュージック・ジャパン (2002-03-06)
おすすめ度の平均: 5.0
5 やはりこの曲のBest
5 そびえ立つ「音の構造物」
5 クレンペラーの最高傑作
5 宗教曲の衣を纏った一大交響絵巻=超名演
5 曲は演奏によって音楽になる

♪「第9」と並ぶ最晩年の大作

右の画像はあまりにも有名なベートーヴェンの肖像画ですが、
手にした譜面帳の背表紙には
「ミサ・ソレムニス ニ長調」と記されています。

ベートーヴェンは「第9」と同時期に交差しながら、
同じく合唱つきの大管弦楽曲を作曲していました。
ピアノの弟子であり、最も心強いパトロンだったルドルフ大公が、
オルシュッツ大司教に就任することになり、
その就任式のために作曲された「ミサ・ソレムニス-荘厳ミサ曲」です。

スポンサードリンク


「第9」の第4楽章と同じニ長調ですが、
「第9」がひたすら上をめざして駆け昇って行くような音楽であるのに対して
「荘厳ミサ曲」は、すでにたどり着いたあちら側から
悠然と下界を見下ろすような作品です。
事実、「ミサ・ソレムニス」の心境の高さは
「第9」のそれより上であるという声もあるほどです。
ベートーヴェンは楽譜の最初に
「心から出でて心に通うように」という指示を書き込んでいます。

出版社への売値は「第9」が600フローリンであるのに対して
「荘厳ミサ曲」が1,000フローリンであったことからも、
ベートーヴェン自身がこの作品に並々ならぬ自信を持っていたことがうかがえます。





L.V.Beethoven:Missa Solemnis Op.123 -1.KYRIE
ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス 1.キリエ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:35 | 声楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日


ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op.125 「合唱」 第4楽章

ベートーヴェン:交響曲第9番
バーンスタイン(レナード)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2006-11-08)
おすすめ度の平均: 5.0
5指揮,演奏,合唱が三位一体となったアルバム
5理屈抜きに聴くならやっぱバーンスタイン♪
5三拍子そろった傑作
5大名演
5どの第九とも違う素晴らしい演奏

♪音楽という枠を越えた人類の至宝

-神のやさしき慈しみの翼のもと すべての人は結ばれ 全人類は兄弟になる-

愛と平和、自由と歓びをテーマにしたシラーの詩「歓喜に寄す」に
初めて触れ感激し、そのメッセージを深く胸に刻んだ時の
ベートーヴェンは、まだ10代の理想に燃える青年でした。

それから約40年。
常にその詩を心に抱き続け、ついに最後の交響曲としてその理想を結実させた時、
ベートーヴェンはすでに54歳の最晩年に至っていました。

交響曲に独唱と合唱を採り入れるという、当時としては型破りのこの作品は、
初演から聴衆に熱狂をもって迎え入れられ「第9番の1曲だけだとしても、
ベートーヴェンの名は永遠に刻まれるだろう」とまで言わしめました。

スポンサードリンク


初演を指揮したベートーヴェンはまったく聴力を失っており、
慣例を破って5度のアンコールを送った聴衆の歓声にも気づきませんでした。
アルトの歌手がベートーヴェンを客席に振り向かせると
初めてそれに気づき、深々と頭を下げたのでした。

第4楽章は合唱に入るまで、管弦楽がこれまでの3つの楽章を振り返り、
そのすべてを打ち消して「もっと快い歓喜の歌をうたおう!」と
有名なあの主題へとなだれ込んでいきます。

(*合唱部分は著作権の消滅した音源を合成しています。)





L.V.Beethoven:Symphony No.9 in D minor, Op.125 "CHORAL" 4th movement



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 17:53 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日


プッチーニ:歌劇 《蝶々夫人》から 「ある晴れた日に」

プッチーニ:蝶々夫人 全曲
プッチーニ
EMIミュージック・ジャパン(2002-05-22)
おすすめ度の平均: 4.5
5可愛いじゃん!カラスチャン☆
4カラスの蝶々さん
5役者が揃っちゃった!
4悲劇の予感

♪日本を舞台にしたプッチーニの名作

イタリアの人たちはよく「最も素晴らしい作曲家はヴェルディ、
最も親しみのもてる作曲家はプッチーニである。」と口にするそうです。
プッチーニは19歳の時にヴェルディの歌劇「アイーダ」を見て感激し、
そこからオペラ作曲家を志すようになりました。
そしてヴェルディ以降のイタリアオペラ界を代表する作曲家になったのです。

明治の長崎を舞台に、15歳の芸者だった蝶々さんと、
アメリカ海軍士官ピンカートンの悲恋を描いた「蝶々夫人」は、
時にヴェルディの「椿姫」やビゼーの「カルメン」と共に
“3大オペラ”と評されることもあるプッチーニの代表作です。

スポンサードリンク


一時の浮気心で蝶々さんと結婚し、そのままアメリカへ帰ってしまったピンカートンを信じて、
帰りを待ち続ける蝶々さんが歌うのが有名なアリア「ある晴れた日に」です。

3年後、ピンカートンはアメリカで正式に結婚した妻を連れて再び日本に帰って来ます。
すべてを察した蝶々さんは、ピンカートンとの間に生まれた子供を彼らに託し、
父から譲り受けた守り刀で自らの命を絶つのでした。





Puccini:Madame Butterfly "One fine day we shall see"



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 22:46 | オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日


J.S.バッハ:マタイ受難曲 第39番 「憐れみたまえ、わが神よ」 BWV244

バッハ:マタイ受難曲 全曲
鈴木雅明
キングレコード(1999-10-22)
おすすめ度の平均: 5.0
5間違いなく世界最高水準の演奏
5とても美しい演奏
5端正で美しい名演
5音楽の不思議
4適度の陰りと湿り気が心地よい。

♪西洋音楽の最高峰ともいわれる傑作

新約聖書“マタイによる福音書”に基づくこの作品は、
クラシック音楽の最高峰との呼び声も高い、
バッハ生涯最大の傑作です。

全曲で2時間半を越える長大な演奏を通して、
キリストが捕らわれてから十字架に張り付けられるまでを、
音楽劇の形で刻々と描いていきます。

受難曲は8世紀ごろに姿を現し、
バッハによってその頂点を極めるに至りました。

そのような傑作の「マタイ受難曲」ですが、
発表されてから100年もの間、まったく顧みられることはありませんでした。
それを発掘し蘇演したのが、その時若干20歳だったメンデルスゾーンです。
バッハ再認識のきっかけを作ったこの演奏会は、
作曲と並ぶメンデルスゾーンの大きな功績とされています。

スポンサードリンク


第39番「憐れみたまえ、わが神よ」は、
預言通りイエスと共にいたことを三度否認してしまった、
ペテロの悲しみが表現されたアリアで、全曲中でも特に知られる名作です。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:49 | 声楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする