TAG index
TBSドラマ 松たか子 主演 『カルテット』
..................................................................
♬ シューベルト:アヴェ・マリア [第1,2話]
♬ スメタナ:連作交響詩「わが祖国」から「モルダウ」 [第1,5話]
♬ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 [第3話]
♬ ガスパール・カサド:無伴奏チェロ組曲 [第3話] ♬ ヤン・ティルセン : La Veillee [第4話]
♬ マスカーニ:歌劇 《カヴァレリア・ルスティカーナ》 間奏曲 [第6,7話]
♬ リスト:コンソレーション [慰め] 第3番 変ニ長調 [第8話]
♬ エリック・サティ:ジュ・トゥ・ヴ 〜あなたが欲しい〜 [第8話]

テレビ・映画&CM etc. … 最近話題のクラシック
フィギュアスケート 浅田真央 2016-2017 シーズン曲
..................................................................
♬ファリャ:リチュアルダンス (火祭りの踊り)

スポンサードリンク




2007年11月29日


バダジェフスカ:乙女の祈り

エリーゼのために、トロイメライ〜珠玉のピアノ名曲集
ロジェ(パスカル)
ユニバーサル ミュージック クラシック(2001-04-25)
おすすめ度の平均: 5.0
5値段も安いし・・・

♪優美な上昇旋律が印象的なピアノ小品

ベートーヴェンの「エリーゼのために」などと共に、
ピアノ入門として必ず通過するような有名曲です。
オルゴールなどでもおなじみですね。

バダジェフスカはショパンと同じ
ポーランド出身の女流ピアニストです。
生涯に35曲ほどのサロン用ピアノ曲を残していますが、
中でも最もよく知られる「乙女の祈り」は彼女が
18歳の時の作品で、1859年にフランスの音楽雑誌の付録として紹介されると
またたく間に人気が広がり、当時は百種類以上の楽譜が出版されました。

スポンサードリンク


曲そのものはシンプルな変奏曲ですが、
3つしかない和音の上を駆け上がる優美な旋律は愛らしく、
一度聴いたら忘れられないような印象を残します。

バダジェフスカはわずか27歳という若さでこの世を去っています。





BADARZEWSKA:The Maidens Prayer
バダジェフスカ:乙女の祈り.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:10 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日


グルーバー:きよしこの夜

3大テノールのクリスマス~クリスマス・イン・ウィーン1999~
ドミンゴ/カレーラス/パヴァロッティ
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル(2003-11-19)
おすすめ度の平均: 5.0
5世界三大テノールの魅力が集結

♪世界中で愛されるクリスマス・キャロル

1818年12月24日のクリスマス・イヴのことです。
オーストリアはオーベルンドルフの聖ニコラウス教会では、
毎年恒例のミサを前日に控えて、
催し物が中止になりかねない大変な事態を向かえていました。
クリスマスの賛美歌合唱で使うオルガンがねずみにかじられて
壊れてしまい、まったく音が鳴らなくなってしまったのです。

ミサはもう数時間後に迫っています。
このままではいけない・・・。
教会の牧師であるモーアはとっさに紙を手にすると、
キリストを称える一編の詩を書き上げました。
それを教会のオルガニストだったグルーバーに渡すと
「今ここにはギターしかない。この詩に旋律をつけて、
ギター1本でも歌える賛美歌を作ってくれないか。」。

スポンサードリンク


そうしてできたのが、その後世界中で
クリスマスに歌われることになる「きよしこの夜」です。

・・・しかしこの有名な話も、最近の研究によると若干作り話も入っているようで、
実際はこの数年前にモーアの詩は完成していたようです。
ですが、グルーバーがとても短い時間で作曲したことは事実で、
初演は教会の祭壇で、ギター伴奏による2人の2重唱で行われました。





Franz Xaver Gruber:Silent Night



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 05:50 | 国歌・賛美歌・民謡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日


ジョプリン:イージー・ウィナーズ

ジョプリン:ラグタイム・ピアノ
レヴァイン(ジェームズ)
BMG JAPAN(2006-05-24)
おすすめ度の平均: 5.0
5遊び心にあふれた演奏

♪軽快なピアノが楽しい代表曲のひとつ

ラグタイムの作曲家として活動を始めた初期のヒット曲です。
今でこそ“ラグタイム王”として広く知られるジョプリンですが、
当時は自作曲の版権や著作権などで収入を得てはいたものの
“世界的”というまでの存在ではありませんでした。

ジョプリンの価値が本当に認められ、
文字通りその名が世界に行き渡ったのは、やはり1973年公開の
映画「スティング」で、「イージー・ウィナーズ」(1901)、
「エンターティナー」(1902)といった彼の作品が使用され、
サントラも大ヒットしてからのことです。

スポンサードリンク


ラグタイム作曲家として次々ヒットを出しながらも、
彼は大学で音楽の勉強を続け、1911年には生涯の大作である、
歌劇「トリーモニシャ」を完成させました。
人種差別をテーマにしたこの作品は、
黒人によって書かれた史上初の本格的な歌劇ともとらえられています。








ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 22:40 | 器楽曲・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日


アンゲラー (L.モーツァルト):おもちゃの交響曲 第1楽章

おもちゃの交響曲/キッズ・クラシック
アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント(1997-10-08)
おすすめ度の平均: 4.0
4演奏も充実しています

♪子供にも人気の楽しいシンフォニー

この曲は50年以上もの長い間、モーツァルトの父親である
レオポルドの作品であるといわれてきました。
1951年に発見されたレオポルドの作品「カッサシオン」の一部が
「おもちゃの交響曲」と同じだったからです。

ところがつい最近の1992年に、
オーストリアのチロル地方シュタムス修道院で、
この曲の写譜本が発見されたことにより事態は一変します。
作曲者の名前はエトムント・アンゲラー。
チロル出身の作曲家、神父です。

スポンサードリンク


「おもちゃの交響曲」とアンゲラーにまつわる様々な事がらを照らし合わせると、
どうやらこのシンフォニーはアンゲラーの作品と見て間違いないようです。
しかしこれもあくまで最も信憑性が高いということであって、
今でもレオポルドの作として扱われることが多いのも事実です。

作者のことはさておき、実際に子供が遊ぶおもちゃを楽器として取り入れたこの曲は、
親しみやすい旋律も相まって世界中で愛され続けています。





Edmund Angerer(L.Mozart):Toy Symphony 1st movement
アンゲラー:おもちゃの交響曲.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 18:09 | 交響曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日


シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821 第2-3楽章

シューベルト : アルペジオーネ・ソナタ
ミッシャ・マイスキー
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント(1998-04-25)

♪シューベルトらしい歌心に満ちた旋律

第2楽章、第3楽章は連続して演奏されます。

「アルペジオーネ・ソナタ」を作曲した頃のシューベルトは
梅毒を患い、抑鬱症の発作を繰り返すなど
精神的にも決して快活ではありませんでした。
そのためか作品全体を通して、
一抹の寂寥感のようなものが漂っています。

第2楽章はあたかも童謡のような懐かしさと郷愁をもった音楽です。
マイナーの調ではないのですが、何とも言えない寂しさが感じられます。

スポンサードリンク


第3楽章はシューベルトらしい伸びやかな旋律で始まります。
やや激しい中間部はスラヴ的なものを感じさせますが、
これは作曲の直前まで、ハイドンのパトロンでも有名な
ハンガリーのエステルハージ家に仕え、そこで耳にした
ハンガリー音楽に影響を受けたためとも言われています。





Schubert:Sonata for Arpeggione and Piano "Arpeggione"
A-minor, D.821 2nd Adagio, 3rd Allegretto
シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 06:01 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日


シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D.821 第1楽章

シューベルト : アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D821
ロストロポーヴィチ(ムスティスラフ)
ポリドール(1999-06-02)
おすすめ度の平均: 5.0
5陶然と聴き惚れる名演奏
5何度聴いても泣いてしまいます。

♪失われた楽器“アルペジオーネ”のための唯一の曲

シューベルトが活躍した19世紀初頭に現れ、人気を博した楽器、
アルペジオーネのために書かれた、現存する唯一の楽曲です。

アルペジオーネは簡単に説明すると、ギターの格好をしたチェロ
ともいえる楽器で、ギターと同じく6弦でフレットがあります。
そして、チェロと同じく弓で弦を弾きます。

フレットがある分、高音が出しやすいというメリットがありますが、
反面ビブラートはかけ辛く、音色はヴィオラ・ダ・ガンバあるいは、
ピアニカのようだとの話もあります。
楽器の奏法がノン・ビブラートからビブラート主流に
なっていくのに連れるかのように、
アルペジオーネは人々の脳裏から忘れ去られていきました。

スポンサードリンク


「アルペジオーネ・ソナタ」が出版されたのはシューベルトの死後のことで、
その頃には完全にアルぺジオーネが姿を消していたため、
代わりにチェロやヴィオラ、フルートなどで演奏されることが通例となっています。
しかし、元々6弦用に書かれ、かなりの高音域まで達するため、
それをチェロで表現するのは至難の技ともいわれています。





Schubert:Sonata for Arpeggione and Piano "Arpeggione"
A-minor, D.821 1st Allegro Moderato
シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 04:56 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日


ドルドラ:思い出

クライスラー:愛奏曲集
クライスラー(フリッツ)
BMG JAPAN(2002-07-24)
おすすめ度の平均: 5.0
5祖母との思い出。

♪ヴァイオリンらしさにあふれた可憐な小品

フランティシェク・ドルドラはチェコ出身で
オーストリアを中心に活躍したヴァイオリニスト、作曲家です。

室内楽やヴァイオリン協奏曲、オペレッタなどの大作も残しましたが、
作曲家としての彼の名を広めたのは
「思い出」に代表されるヴァイオリンの小品です。
日本でもほぼこの曲のみによって知られています。

スポンサードリンク


「思い出」の作曲についてはこんな話が伝えられています。
ある日、ドルドラは友人宅を訪ねるために
ウィーン郊外の電車に乗っていました。
車両がちょうどシューベルトのお墓の前を通り過ぎた時、
ふいに旋律を思いつきあわてて切符に書きとめました。
それが「思い出」です。

思いついたメロディーをあり合わせの紙に書き留めるという行為は、
生前のシューベルトの癖としても有名です。
単なる偶然でしょうか?





Franz Drdla:Souvenir for Violin & Piano
ドルドラ:思い出.mp3



ブログパーツ
posted by アンドウトワ at 23:50 | 室内楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする